水泳指導管理士

水泳指導管理士はプールの安全を確保し、利用者への水泳指導やプールの管理・運営などを行うために必要な資格です。なお、資格認定には実技が伴い、ある程度の泳力も必要となります。プール施設で責任を持って働きたい人にはおすすめの資格です。

実施日程
5月中旬
(講習:1日、実技:2日、理論:1日)
申込期間
4月上旬
受験料
受験料:15,000円
受講料: 20,000円 
登録料: 20,000円 (各税込)
受験資格
①満20歳以上の方
②競泳4泳法と横泳ぎができること(特に平泳ぎができていること)
③同一泳法で200m以上泳げること、立ち泳ぎ(足のみ)が3分以上できること
試験会場
東京都内
試験方法
受講+実技試験
出題範囲
〔理論〕
①水泳の基本泳法、監視法と救助法
②プール施設の安全管理
③プール施設・設備の維持管理
④水泳事故と法的責任
⑤プール施設のマネジメント
⑥利用者サービスの向上と顧客満足度
⑦スポーツ施設の事故防止と救急対応

〔実技〕
①競泳4泳法と横泳ぎ・立泳ぎ
②救助法

お問い合わせ先 公益財団法人 日本体育施設協会
URL: http://www.jp-taiikushisetsu.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年7月12日 更新