赤外線建物診断技能師

赤外線建物診断技能師とは、赤外線サーモグラフィーを用いて建物を診断し、改修箇所や改修方法等の適切なアドバイス・示唆する能力を有した専門家です。住まい関係、特にリフォーム、改修分野に携わる仕事を目指される方にとっては、アピールできる資格といえます。

実施日程
下記にて日程の確認ができます。
http://www.ters.or.jp/e13.html
申込期間
試験日1週間前まで
申込方法
下記よりお申込みいただけます。
http://www.ters.or.jp/e13.html
受験料
■受験料:13,000円

■研修受講料(公式テキスト代込)
一般:30,240円
TERS正会員:24,840円
TERS一般会員:28,080円 ※各税込
支払方法
研修、試験お申込み後、請求書発行し、口座振り込みいただきます。
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
東京、大阪、愛知、福岡 ほか
試験時間
120分
試験方法
主に選択式、一部記述式あり。
問題数
全30問
出題範囲
①日本における建築物と建物診断
②赤外線診断調査の歴史と現状、応用例
③建築の基礎知識
④赤外線カメラを使用した赤外線診断手法
⑤赤外線カメラを使用した赤外線診断実務
⑥建築基準法改正に伴う特殊構築物定期報告の変更と注意点
⑦長期修繕計画について
⑧赤外線判断の進め方と注意点
学習の手引き
赤外線建物診断技能師研修内で試験対策の内容がございます。
合否基準
出題内容のうち、7割以上の点数の獲得が合格基準点です。
結果発表
試験後2週間程度で試験結果通知を郵送いたします。
資格の更新
赤外線建物診断技能師は2年毎の資格更新制度があります。更新には5,000円の更新料が必要です。
備考
診断の営業窓口または点検レベルの簡易な使い方を習得したい方は、『赤外線建物診断アドバイザー資格認定試験』をご活用ください。

お問い合わせ先 一般社団法人 街と暮らし環境再生機構
URL: http://www.ters.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2017年12月26日 更新