日本の資格・検定

資格・検定

地方競馬調教師

地方競馬において厩舎を経営するのに必要な資格です。一般の受験も可能ですが、かなり専門的な知識が必要であるため、騎手や厩務員として競馬場で経験を積んでから受験するのが一般的です。この職業に就くためには、知識と技術、経験を積まなければなならないでしょう。


受験者の声を投稿する

受験者の声とは

受験料
免許手数料:2,000円
受験資格
①受験日における年齢が28歳以上の方
②競馬場に就業の予定であること ほか
試験方法
【一次試験】
身体:提出書類による身体検査
学力:筆記試験
人物:調査資料等に基づく審査
技術:筆記試験・小論文(調教師の業務に関する識見)

【二次試験】
身体:視力及び運動機能の検査
人物:面接試験
技術:口頭試験及び実技試験
出題範囲
【第一次試験】
学力:競馬関連法規、労働関係法規及び一般常識
技術:馬の飼養及び調教に必要な技術並びに調教師補佐、騎手及びきゅう務員の指導に必要な知識 ほか

【第二次試験】
口頭試験:馬の飼養及び調教に必要な技術並びに調教師補佐、騎手及びきゅう務員の指導に必要な知識 ほか
実技試験:鞍、頭絡、交突予防帯等の装着その他調教のために必要な基本技術 ほか
合否基準
学力:筆記試験の成績が 100点満点で60点以上の者であること
人物: 調教師、調教師補佐及び騎手の欠格事項に該当しない者であって、面接試験の成績が100点満点で60点以上の者であること
技術:第1次及び第2次試験ごとに、次に掲げる者に該当すること
【第一次試験】筆記試験及び小論文の成績がそれぞれ 100点満点で60点以上の者
【第二次試験】口頭試験及び実技試験の成績がそれぞれ 100点満点で60点以上の者
備考

お問い合わせ先

地方競馬全国協会 審査部免許課または各地方競馬場
URL: https://www.keiba.go.jp/association/

※2021年4月1日から消費税を含めた総額表示の義務化に伴い、受験料・受講料等の表記に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2021年8月17日更新


関連する記事はまだありません。


関連する記事はまだありません。
皆さまの投稿をお待ちしております。


    関連するQ&Aはまだありません。
    皆さまの投稿をお待ちしております。

フリーワード検索

ジャンル

ジャンル一覧を開く

特徴