日本の資格・検定

資格・検定

ホテルビジネス実務検定試験(H検)

ホテルビジネス実務検定試験は、総合的な資格制度として、ホテルビジネスにおいて必要とされる実務知識の理解度を測る検定試験です。ホテル・観光業界への就職を目指す学校で多く導入されているほか、ホテル業界や関連業界では客観的な人事評価として広く活用されています。


受験者の声を投稿する

受験者の声とは

試験級
【マネジメントレベル】
※マネジメントレベルは正答率によって1級・2級の認定が行われます
【ベーシックレベル1級】
【ベーシックレベル2級】
実施日程
年2回 ※マネジメントレベルは年1回のみ実施

<2022年度>
〔第1回〕2022年11月24日(木)
【ベーシックレベル1・2級】
[第2回]2023年3月4日(土)
申込期間
<2022年>
[第1回]2022年10月5日(水)~10月26日(水)
[第2回]2023年1月6日(金)~1月25日(水)
申込URL
http://jec-jp.org/hken/
申込方法
WEB申込
受験料
【マネジメントレベル】8,200円
【ベーシックレベル1級】5,100円
【ベーシックレベル2級】5,100円(各税込)
支払方法
・クレジットカード
・コンビニ支払い
受験資格
どなたでも受験できます
試験会場
全国4都市 (札幌、東京、大阪、福岡)
試験時間
各級90分間
試験方法
マークシート方式(4肢択一)
問題数
200問
難易度
【マネジメントレベル1級】
管理者としての役割と課題の理解に加えて、部門管理者として実務上の意思決定ができる。
【マネジメントレベル2級】
管理者としての役割と課題の理解に加えて、部門マネージャーとして実務上の意思決定ができる。
【ベーシックレベル1級】
ホテルのサービスオペレーションのみならずマネジメント業務も理解し、接客業務はもちろん基礎的な管理業務に従事する事ができる。
【ベーシックレベル2級】
ホテル業界の基礎知識、およびホテルの宿泊・料飲・宴会を中心としたサービスオペレーションを体系的に理解し、即戦力として接客業務に従事する事ができる。
出題範囲
【マネジメントレベル】ホテルの基礎、宿泊業務、料飲業務、宴会業務、調理業務、マーケティング業務、総務・人事業務、施設管理業務、仕入・購買業務、経理・会計業務

【ベーシックレベル1級】ホテルの基礎、宿泊業務、料飲業務、宴会業務、調理業務、マーケティング業務、総務・人事業務、施設管理業務、仕入・購買業務、経理・会計業務

【ベーシックレベル2級】ホテルの基礎、宿泊業務、料飲業務、宴会業務、調理業務
学習の手引き
公式テキスト及び問題集がございます。
詳細はこちらをご確認ください。
http://www.jec-jp.org/hken/textbooks/
合否基準
【マネジメントレベル】
正解率によって2級または1級として判定します。
 1級:各章の正解率が80%以上、かつ全体の正解率が85%以上。
 2級:各章の正解率が60%以上、かつ全体の正解率が65%以上。

【ベーシックレベル1・2級】
各章の正解率が60%以上、かつ全体の正解率が65%以上。
結果発表
本試験の約2週間後に、発送
※ホームページ上で認定者の受験番号および模範解答が発表されます。

お問い合わせ先

一般財団法人 日本ホテル教育センター
URL: http://www.jec-jp.org/hken/index.php

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2022年4月20日更新


関連する記事はまだありません。


関連する記事はまだありません。
皆さまの投稿をお待ちしております。


    関連するQ&Aはまだありません。
    皆さまの投稿をお待ちしております。

フリーワード検索

ジャンル

ジャンル一覧を開く

特徴