日本の資格・検定

資格・検定

イタリア語検定PLIDA

イタリア語検定PLIDAは、イタリア政府及び政府機関等が公認しているイタリア語の試験です。この資格の取得によって、ヨーロッパ基準での語学力が証明されます。毎年世界のおよそ300カ所のPLIDA受験会場で、数多くの方が受験しています。


受験者の声を投稿する

受験者の声とは

試験級
【C2】最上級
【C1】上級
【B1・B2】中級
【A1・A2】初級
実施日程
年3回

<2022年>
2022年12月4日(日)
申込URL
http://www.il-centro.net/wpd/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2%E8%AA%9E%E6%A4%9C%E5%AE%9Aplida/
受検料
【C1】19,000円
【C2】18,000円
【B2】15,000円
【B1】13,000円
【A2】9,000円
※ダンテ会員でない方は、登録の必要があります。
年会費:6000円
支払方法
銀行振込
受検資格
・イタリア語を母国語としないイタリア国籍以外の方
・イタリア語を母国語とするイタリア国籍以外の方
・二重国籍(イタリアとほかの国)でイタリア語を母国語としない方
・二重国籍(イタリアとほかの国)でイタリアの教育機関で中等教育課程を終了していない方
・イタリア国籍を持ち、イタリア語能力を証明とする必要がある方
試験会場
ダンテ・アリギエーリ協会東京支部
※受験会場は変更する場合がございます。
試験時間
【C2】240分
【C1】265分
【B2】195分
【B1】145分
【A2】120分
試験方法
筆記試験(聴解・読解・作文)+口述試験
難易度
【C2】正しいイタリア語で、ネイティブと対等に話ができる
【C1】辞書を使わずにニュースを聞いて理解できる
【B2】就学(各種学校、大学)が可能で、就労時に語学力をアピールできる
【B1】日常の様々なシーンで、自分の意見を語ることができる
【A2】日常生活の様々なシーンで簡単な会話ができる
【A1】挨拶など、日常の簡単な会話ができる
出題範囲
①ASCOLTARE(聴解)
②LEGGERE(読解)
③SCRIVERE(作文)
④PARLARE(会話)

試験主催者

ダンテ・アリギエーリ協会 東京支部 事務局
URL: http://www.il-centro.net/wpd/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2022年7月6日更新


関連する記事はまだありません。


関連する記事はまだありません。
皆さまの投稿をお待ちしております。


    関連するQ&Aはまだありません。
    皆さまの投稿をお待ちしております。