日本の資格・検定

資格・検定

手話通訳士試験

手話通訳技能認定試験では、手話通訳に関する知識・技能を測ります。手話通訳に関する資格の中では最も難易度が高く、取得すれば確かなスキルを証明できます。聴覚障害者とのコミュニケーションの橋渡しをする重要な役割を担っており、手話に関心のある方や、聴覚障害者の役に立ちたいと考えている方におすすめです。


受験者の声を投稿する

受験者の声とは

実施日程
9月下旬~10月上旬の2日間
申込期間
5月中旬~6月中旬
申込URL
http://www.jyoubun-center.or.jp/slit/about/
申込方法
郵送申込
受験料
22,000円(税込)
支払方法
銀行振込
受験資格・対象者
20歳(受験日の属する年度末までに20歳に達する方を含む)以上の方
試験会場
宮城、埼玉、東京、大阪、熊本
試験方法
学科試験(四肢択一)+実技試験
問題数
〔学科〕計80問
〔実技〕計4問
出題範囲
〔学科〕
①障害者福祉の基礎知識
②聴覚障害者に関する基礎知識
③手話通訳のあり方
④国語

〔実技〕
①聞取り通訳(音声による出題を手話で解答)
②読取り通訳(手話による出題を音声で解答)
合否基準
〔学科〕全ての科目において得点があり、かつ、4科目の総得点の60%程度を基準として、必要に応じて問題の難易度で補正した点数以上の得点を得た方

試験主催者

社会福祉法人 聴力障害者情報文化センター
URL: http://www.jyoubun-center.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2022年10月24日更新


関連する記事はまだありません。


関連する記事はまだありません。
皆さまの投稿をお待ちしております。


    関連するQ&Aはまだありません。
    皆さまの投稿をお待ちしております。