日本の資格・検定

投稿記事

英検のリスニング力を鍛えたい人必見!私が2級リスニングで満点を取った方法。

ハジメ@せぷてんばーらぶ

学習法・ハウツー #リスニング #英語 #英検 #語学 #満点 #勉強法 #最強攻略法

みなさんこんにちは!


こちらのサイトを使うのは初めてなので、少し緊張していますが、ぜひ最後まで読んでいただければ嬉しいです!


ちなみにもともと語学はそこそこ得意な方でした。

それと、みなさんに伝えたいことといえば、、うちにはめちゃめちゃかわいくて天使かなと見まごうような犬様がいます。


よくぬいぐるみみたいなキョト可愛い(きょとんとしてかわいい?)顔をしているので、たぶんこの子の前世はぬいぐるみです。

さて、本題。


今回の学習法は、小学生で初めて英検を受けたときに英会話スクールの先生に教えていただいて以来、ずっと実践している方法です。


小さいころから英会話スクールに通っていたので耳自体はいい方だった気がしますが、このコツを知ってから英検以外のリスニングも大得意になりました。


リスニングのコツその1 冒頭をちゃんと聞く!


「冒頭の疑問詞(?)だけ聞き取れれば解けたも同然!」


らしいです。

英検では級が上がるにつれ文章自体は複雑になりますが、たいてい聞きたいこと(何が、いつ、どこで、だれと、など)は真っ先に来る印象です。


よく「ビジネスシーンでは結論を先に!英語の順番で話せ!」みたいなことを言われますが、どんなに問題が難しくても一番最初の疑問詞だけでも聞き取れればかなり解きやすくなります。(あと、先に答えをだいたい予想できると気持ち的に楽になります) 


リスニングって緊張して(or眠くなって)問題の冒頭を聴きそびれてしまうこと、多いんですよね。。。 


逆にこのコツでは冒頭だけ意識的に聞けば答えが見つかりやすくなるので、ぜひやってみてください。 


リスニングのコツその2 数字は頭で日本語にしない! 


私が文系だからかもしれませんが、数字って頭の中で「one、えーっと、あっ、イチね。。。」と日本語に置き換えたくなるんです。


他の英語は「Yes、えーっと、はい!ってことね。」なんて頭で置き換えなくても意味が入ってくる(個人的に、日本語に訳しなさい的な問題は苦手)のですが、なぜか数字だけは、聞いた途端に頭の中でそろばんを持ったおばあちゃんが出てくるんですよね。なんで? 


リスニング、特に上位級の早いテンポの文章では、「fourteen hours、、、えーっと、13がサーティーンだから、14時か!」なんてやってたら確実に落ちます。 


そこで! 


「生活の中で数字を見たら日本語で読む前に英語で読む」訓練をしました。 


例えば、電車のポスターで「今夜9時!」なんて言うのを見たら 


頭の中で(←ここ重要w)「nine o'clock」と読んでみる。日本語で「9時かぁ~」と絶対に思わない! 


これを繰り返すうちに外国語の数字にかなり強くなれますよ! 



短文ですが、 

以上が私のリスニング力向上メソッドです。これで2級リスニング満点を取れました!

本当に細かいコツで、 

お金もかからず誰でもできるのでみなさんも、ちょっとやってみてください! 


頑張って書いたので、かわいいしか犬部長さんのクオカードが当たりますように☆

では!


きょうもごはんがおいしい。きょうも犬がかわいい。
英検や語学学習の勉強方法を主に書いています。

※アイコンの天使はうちの子です。

職業:
営業、企画

フォローする

人気記事ランキング