日本の資格・検定

投稿記事

【気になる用語紹介】スキーマのスイッチ…?

【公式】望月遼馬

勉強日記 #スタッフブログ #遼馬がゆく #用語解説

花粉症の人があぶり出されている今日このごろ。

どうも、ギリギリ花粉症じゃない望月です。


さて、これまでいろいろな資格・検定を受験してきて、今の資格取得数は25個程度となりました。


ハローキティ検定から情報セキュリティマネジメント試験など、ジャンルを問わず資格・検定を取得したわけなんですが…幅広いジャンルの勉強をしていると、印象に残る用語というのがいくつかあります。


今回はそんな用語の中から

マーケティング検定を受験の際に覚えた「スキーマの不一致」について紹介しようと思います!

しか犬ぶちょー「スキーマの不一致・・・わん?」



「スキーマの不一致」について設定しよう!!


「スキーマ」とは、、、

自身の過去の経験や出来事で記憶されている、その“モノ”への【情報】や【知識】、つまり【イメージ】のことだそうです。


そして、その「スキーマ」が不一致を起こす。

つまり、元々持っていたその“モノ”へのイメージと違う情報が入ってくると、人間はその事柄について興味や注意を促すようになる、というもの。


マーケティング業界では、商品開発などをする際に、この「スキーマの不一致」を利用して、人間の脳へのアピールを最大限強められるようにしているんだそうな。


そして、

ここからが「スキーマの不一致」の面白いところで、

「スキーマ」は、不一致であると驚きをもたらし、認知レベルが高くなるのですが、

この認知には限界があり、その限界を超えた場合は、脳が別物と捉え、逆に認知が機能しなくなる。というものなんです。


というわけで、

マーケティングの際には、この「スキーマの“適度”な不一致」が模索されているそうです。


ちなみに、「スキーマの不一致」の代表的な失敗例は、以下です。


■失敗例

ペプシから1992年に発売された、「無色透明なコーラ」CRYSTAL PEPSI

刺激的な黒い炭酸飲料であるコーラと、純粋なイメージを持つ透明が、「スキーマの不一致的」には、極端な不一致で受け入れられなかったようです。


(世の中にある「スキーマの不一致」の成功例、失敗例などが結構面白いので気になった方は、グーグル先生に詳細を聞いてみてください)


最後に、今回わたしが、この「スキーマの不一致」を通して、みなさんに何を伝えたいかというと、

この「スキーマの不一致」の話が面白いと思い、妻に力説していたんですが、妻から返ってきた言葉は。


「で、そのスキーマのスイッチっていうのは、、、」となり。


いや、それはもう“スキマスイッチ”じゃん。

と、なってしまった話でした。


しか犬ぶちょー「世界をひらくのはぼくわーん」



資格・検定王への道を遼馬がゆく!!!!!!!!


★★★フォローをお願いします★★★
望月のブログをお読みいただき、ありがとうございます!
ぜひアカウントのフォローをお願いします!



★★★しか犬ぶちょーに話しかけてみませんか?★★★

「日本の資格・検定」公式Twitterから、しか犬ぶちょーにコメントを送ることができます。
「試験前だからしか犬ぶちょーに応援してほしい!」などのお願いごともお待ちしています!​


--------------------------------------------------◆
これまでの「遼馬がゆく」はこちらからどうぞ​​

元漫才師のサラリーマン 望月遼馬です!

日本一のスーパーサラリーマンを目指して!
為になる資格・検定を受けまくります!!

「日本の資格・検定」を運営する株式会社シー・ビー・ティ・ソリューションズのCMに出演中!
https://cbt-s.com/special/cm2201/

【経歴】
元・漫才師
2018年から銀座歌舞伎座テストセンター店長
2020年から営業担当


職業:
営業、企画
保持資格:
・世界遺産検定2級.3級
・ニュース時事能力検定2級
・インターネット検定 .comMasterADVANCE ダブルスター
・漢字検定3.4.5.6.7級
・美術検定4級
・スローライフマスター
・ITパスポート
・情報セキュリティー
・情報セキュリティーマネジメント
・金融業務能力検定3級「個人型DC(iDeCo)コース」
・ハローキティ検定3級
・伊賀忍者検定3級
・茶道文化検定3級
・富士山検定3級
・円谷プロ検定3級
・FP3級
・マーケティング検定3級
・日商簿記検定3級

フォローする

人気記事ランキング