日本の資格・検定

読みもの

オリンピアン&ハーバード学生!二刀流・五十嵐カノアが朝食を大切にする理由【気になるあの人を深堀り】

インタビュー

オリンピアン&ハーバード学生!二刀流・五十嵐カノアが朝食を大切にする理由【気になるあの人を深堀り】

【気になるあの人を深堀り~五十嵐 カノア編~】
パリ五輪出場権を獲得する一方で、ハーバード大学の経営大学院であるハーバードビジネススクールで勉学にも励むプロサーファーの五十嵐 カノア選手。

アスリートと大学院生の二刀流を叶えるカノア選手の考え方や習慣を探る。

勉強に打ち込みすぎて、体調を崩してしまっては本末転倒。毎日しっかり勉強をするためにも、普段からコンディションをととのえることはとても大切だ。

トップアスリートとして、日々ハードなトレーニングを行い、海外遠征での移動も多い五十嵐 カノア選手にとっても、コンディショニングは重要。

そのために特に大切に感じているのが朝食だという。

お話を伺ったのは……

五十嵐 カノアさん
1997年生まれ。カリフォルニア州ハンティントンビーチで父親のサーフィン姿を毎日眺めて育つ。木下グループ所属。3歳でサーフィンをはじめ、2016年史上最年少、アジア人で初めてプロサーフィンの最高峰WSLチャンピオンシップに参戦。2021年東京オリンピックで銀メダルを獲得。2023年アジア最上位枠を獲得し、パリ五輪出場権を獲得。

この記事の連載
第1回【多忙でも1日4時間勉強する時間術】……公開中
第2回【5カ国語習得の秘訣】……公開中
第3回【時間を無駄にしない秘訣とは】……公開中
第4回【カノア流プレッシャー克服術】……公開中
第5回【オリンピアン&ハーバード学生の朝食】……今回はコチラ


朝食の定番はスムージーやヨーグルト

農林水産省の調査によると、日本人の朝食の欠食率は1999年以降、年々増加しているそう。

朝食は起きたばかりの脳や身体の働きを高めるもので、朝食を抜くと集中力や体力の低下、生活習慣病のリスクを高める可能性があることも分かっている。

「昔は朝食を摂らないタイプでした。

ただ、食べない状態でトレーニングをすると体重が減ってしまい、パフォーマンスも下がってしまう。

フィジカル的にも思考回路も良い状態でいるために朝食は必要、ということを実感してからは、食欲がなくとも、スムージーやヨーグルトなどを朝食に食べるようにしています。

今はまだ朝食をとることに慣れる段階なんです(笑)」(五十嵐 カノアさん)。


とんかつやすき焼き、焼き肉など日本食が大好きで、パンよりも断然、米派というカノア選手。

アスリートも私たちも、強度は違えど体が資本なのは一緒。食生活や健康にも気を配りながら、学びに励むようにしたい。

この記事の連載
第1回【多忙でも1日4時間勉強する時間術】……公開中
第2回【5カ国語習得の秘訣】……公開中
第3回【時間を無駄にしない秘訣とは】……公開中
第4回【カノア流プレッシャー克服術】……公開中
第5回【オリンピアン&ハーバード学生の朝食】……今回はコチラ

撮影=佐野 美樹
取材・文=林田 順子

人気記事ランキング

関連記事