日本の資格・検定

公式記事

IBTが進化!試験官が遠隔でリアルタイム監視する新しいオンライン試験のかたち

学習ノウハウ #コロナ #CBT #IBT

IBTが進化!試験官が遠隔でリアルタイム監視する新しいオンライン試験のかたち

コンピュータを使った試験方式の一つであるIBT(Internet Based Testing)。インターネット環境があればどこでも受験できるのが特徴ですが、ここ数年で「試験官が遠隔でリアルタイム監視するIBT」という新しいタイプのIBTが登場するようになりました。

いくつかの資格・検定ではこの新しいタイプのIBTを既に導入し始めており、今後他の資格・検定でも導入が進んでいくかもしれません。

そこで、この記事では「試験官が遠隔でリアルタイム監視するIBT」の特徴や受験の流れ、受験する際に注意すべきことなどについて掘り下げていきます!

■ 試験官が遠隔でリアルタイム監視するIBTの特徴とは?

試験官が遠隔でリアルタイム監視しながらオンライン試験を実施する方式(以下、リモート監視付きIBT)の特徴は、名前の通り試験官による監視をリアルタイムで受けながらIBTを実施できることです。
受験者のパソコンに付いているカメラやマイクを通じて試験中の様子を試験官が遠隔監視するほか、受験者のパソコンに表示されている画面も共有することで、試験中のカンニングや試験に関係ないWEBページを見るといった不正行為を抑制しています。

従来のIBTには試験中の監視などの不正行為対策がないので、リモート監視付きIBTはその弱点を解消した試験方式と言えるでしょう。

▲ 試験官が見る監視画面(イメージ)

そのほかにも、リモート監視付きIBTには試験中に何かあったときに連絡を取り合えるよう、試験官と個別でチャットや音声通話ができる機能が備わっています。遠隔でも実際の試験会場と同じような環境のもと、受験することができるのです。

また、不正行為対策ができるIBTの一つに、AI技術でカンニングなどの不正行為を防ぐ「AI監視付きIBT」というサービスもあります。不正を防ぐという意味ではリモート監視付きIBTと同じですが、こちらは試験当日の本人確認がなかったり、リアルタイム監視ではなくAIが検知した不正を後日人の目で確認したりといった違いがあります。

▲ 各種IBTの比較表(参考:CBTソリューションズ社

■ なぜリモート監視付きIBTが登場するようになったのか?

リモート監視付きIBTが登場するようになった背景には、コロナ禍が大きく関係しています。
そもそもコロナ禍以前は、国内でコンピュータを使った試験といえば「CBT(Computer Based Testing)」か不正行為対策がない「IBT(Internet Based Testing)」の2種類が主流で、「リモート監視付きIBT」という試験方式は全く普及していませんでした。
【関連記事】【CBTとIBTの違い】各試験方式の特徴や最新の試験トレンドを深掘り!

コロナが流行したことで、自宅で試験を受けられる(=感染リスクがない)IBTの需要が高まりましたが、一般的なIBTには試験中の監視がなく、不正行為を防ぐことはできません。

そこで、従来のIBTに試験官が遠隔で監視できるシステムをプラスし、感染対策を徹底しつつも不正行為を防げる「リモート監視付きIBT」が登場するようになったというわけです。

■ リモート監視付きIBTの受験の流れ

受験の流れをイメージしやすいように、リモート監視付きIBTの大まかな受験の流れをご紹介します。
なお、試験によって流れや内容が異なる場合があります。あくまで参考程度にとどめ、詳細は各試験のホームページをご確認の上、試験当日の案内画面や試験官の指示に従ってください。

STEP① 試験ページにアクセス

試験開始時間の30分前になったら、申し込み時に案内されるURLから試験ページにアクセスします。

STEP② マイクやカメラなどの動作確認をして、試験官が入室するまで待機

試験ページにアクセスしたら、事前に動作確認をしたパソコンで改めてマイクやカメラの動作確認を行い、試験官が入室するまで待機します。

▲ 動作確認ページ(イメージ)

STEP③ 本人確認と部屋の周囲の確認

試験官が入室したら、規定の本人確認書類(運転免許証など)をカメラに向けて見せ、本人確認を行います。
本人確認が終わったらパソコンのカメラを360度ぐるっと回します。その際に、受験者以外の人物がいないか、不正に繋がる物が置いていないかなどを試験官が確認します。

STEP④ 受験

STEP③の確認作業が終わったら試験を開始します。試験時間のカウントが0になるか、試験終了ボタンを自分で押したら試験は終了です。お疲れ様でした!

▲ 試験中の画面(イメージ)

STEP⑤ 試験結果の確認

結果がすぐに分かる試験は、試験終了後に合否やスコアを確認することができます。画面を閉じれば試験終了です。

■ リモート監視付きIBTを受験する際に注意すべきことは?

リモート監視付きIBTを受験するときに必ず注意したいことが3つあります。受験を控えている方はぜひ参考にしてください。

その① 【試験前】受験で使うパソコンの動作確認を行うこと

受験で使用するパソコンやインターネット回線は受験者自身で用意する必要があるので、試験申込ページなどに推奨環境の記載や動作確認ページが用意されています。
「試験中にパソコンがフリーズした!」「パソコンのカメラが認識されない!」なんていうトラブルを未然に防ぐためにも、事前に動作確認を行って正常に受験できる環境かを必ずチェックしましょう。

そして、当日は「動作確認をしたパソコン」で受験するようにしてください。

その② 【試験前】受験で使う部屋を片づけること

リモート監視付きIBTでは、試験前に部屋の周囲をカメラで映すように求められます。参考書などが散乱していると試験官に見られて恥ずかしい思いをするだけでなく、不正行為を疑われる可能性もあるので、部屋の片づけをしておきましょう。

「どれくらい綺麗なら大丈夫」という基準は試験によって異なりますが、
 ・手元に筆記用具など不要な物を置いている
 ・受験するパソコンに複数台のモニターが繋がっている
 ・開きっぱなしのテキストやノートがある
などは試験官に注意されることが多いようです。

その③ 【試験前/試験中】人が入ってきたり話し声が聞こえない部屋で受験すること

試験中に受験者以外の人が画面に映ったり、話し声が聞こえたりすると不正行為になってし
まいます。家族と同居している自宅で受験する場合は、誰もいない時間帯に受験するか、試験時間を事前に伝えて静かな環境で受験できるように協力してもらいましょう。

なお、ペットの鳴き声や町内放送など、外部からの不可抗力的な音は問題ないことがほとんどです。

*****

上記のほかに、試験によって多少規定は異なりますが
 ・試験中に飲食をする
 ・試験中にトイレで離席する
 ・試験中の過度な独り言
などもNGとされています。

受験前に注意事項をよく読み、「試験官に監視されている」という程よい緊張感をもって受験するようにしましょう。


■ カンニングはできる?リモート監視付きIBTの不正行為対策

リモート監視付きIBTでは、どのようにしてカンニングなどの不正行為を防いでいるのでしょうか。
Online Test Center(オンラインテストセンター)」というリモート監視付きIBTサービスを提供している株式会社シー・ビー・ティ・ソリューションズでは、下記のような対策をしてカンニングなどの不正行為を防いでいます。

試験前

・本人確認書類で本人確認を行い、替え玉受験を防止
・周囲に他の人物や不正につながる物がないかを事前に確認 など

試験中

・受験者の試験画面を共有し、受験者の操作を監視
・パソコンのマイクを通じて、試験中の音声を監視
・パソコンのカメラを通じて、試験中の動作を監視
・一定の基準を満たした認定試験官を起用 など

*****

会場で試験官が直接監視をする筆記試験やCBTに比べると、リモート監視付きIBTでは監視が行き届かない部分がどうしても出てしまいます。

しかし、カメラに映らないところにカンペを置いて見ようとしても、他の受験者と違う挙動や目線の動きをしていると案外目立つものです。人の目で監視することで、カンニングを抑制できる環境だといえるでしょう。
【関連記事】CBT試験でカンニングはできるのか?実際にあったカンニングや防止策を解説


いかがでしたか?
リモート監視付きIBTは「不正行為を防げない」というデメリットをできる限り解消し、厳格性と「インターネット環境があればどこでも受験できる」というIBTのメリットを併せ持った新しい試験のかたちと言えます。

アフターコロナでも試験方式の選択肢の一つとして定着していくかもしれませんね。

監修:株式会社シー・ビー・ティ・ソリューションズ
CBT試験の配信を中心に、一貫した試験委託サービスを提供。全国にCBT試験の提携会場を持ち、日商簿記検定や漢検をはじめとするさまざまな資格・検定の運営を行う。「日本の資格・検定」の運営元。


◆CBTソリューションズのリモート監視付きIBT「Online Test Center(オンラインテストセンター)」のサービス詳細はこちら!
https://cbt-s.com/service/onlinetestcenter.html

◆CBTの導入をご検討中の主催者様はぜひCBTソリューションズへお問い合わせください!

人気記事ランキング

関連記事