日本の資格・検定

公式記事

CBT試験でカンニングはできるのか?実際にあったカンニングや防止策を解説

学習ノウハウ #CBT

CBT試験でカンニングはできるのか?実際にあったカンニングや防止策を解説

資格・検定や入試をはじめとする多くの試験では、受験上の注意事項にカンニングなどの不正行為を禁止する旨が記載されています。禁止されているので当然やってはいけない行為ですが、時にはカンニングをする受験者がいるのもまた事実。
カンニングが行われないようにするため、そして試験の公正性や公平性を保つために、各試験では不正行為を防ぐ対策が講じられています。

コンピュータを使った試験方式であるCBTもその例外ではなく、さまざまな対策をしてカンニングを未然に防いだり、万が一不正行為があった場合にはすぐに発見できるようになっています。

この記事では、CBTで実際にあったカンニングの方法や、それらを防ぐためにどのような対策をしているかなどについて詳しくご紹介します。

■ CBTのカンニング件数や特徴とは?

「試験」と「カンニング」は残念ながら切っても切れない関係で、学校の試験などでお馴染みの筆記試験ではカンニングがしばしば見つかることがあります。実際に、大学入試の時期になると、カンニングなどの不正行為がニュースで取り上げられているのを見たという方も多いはず。

では、CBTでカンニングはどれくらい行われているのでしょうか。
年間100万件以上の試験を配信している株式会社CBTソリューションズでは、年に20件程度カンニングが報告されています。およそ5万人に1人という数字なので、全体の割合から大多数の方は規則を守って試験を受けていることが分かりますが、毎年何人かはカンニングをしています。

また、カンニングが行われやすい試験には特徴があり、それは「暗記がメインの試験」であること。覚えることが多い試験であればあるほど、カンニングをしたいという気持ちが働きやすいのかもしれません。

<参考> CBTで試験を行っている資格・検定一覧

■ 実際にあったCBTのカンニング方法

実際に行われたカンニング(未遂含む)について、過去3年間で件数が多かった3つのカンニング方法をご紹介します。

なお、紹介しているカンニング方法はカンニングを助長するものではありません。これらのカンニングはすぐに試験官によって発見されるので、絶対にマネしないでください!

1位. スマートフォンの隠し持ち

※画像はイメージです。


【内容】

解答の検索や外部と連絡を取ることを目的に、上着・パンツのポケットや袖(秋~冬の場合)などにスマートフォンを隠して試験室内に持ち込むというもの。
過去には靴の中にスマートフォンを隠して見つかった例もあるとか。
※試験室内にスマートフォンの持ち込むことや身に着けることは基本的にNGです。

【主な発見方法】
試験前の受付で試験官が目視で確認し、不自然に膨らんだポケットやぎこちない動作から発見に至ります。そのため、カンニング未遂となるケースが最も多いですが、受験中に操作しているところを監視カメラで発見するケースもあります。

ポケットの中身を出すのをうっかり忘れる方も多いので、不正行為と疑われないようにスマートフォンはロッカーや規定の場所に必ずしまいましょう。

2位. カンニングペーパー(カンペ)の持ち込み

※画像はイメージです。


【内容】

カンニングしたい内容を紙に書き込んでカンペを作り、試験室内に持ち込むというもの。小さいメモ用紙をカンペにする場合もあれば、免許証や学生証など試験室内に持ち込める本人確認書類に書き込んでカンペにしている場合もあります。

【主な発見方法】
試験官が巡回していないときに、持ち込んだカンペを取り出したり見たりしているところを監視カメラが捉えて発見に至ります。試験室内の様子は、試験官が巡回していないときでも試験室内に取り付けられている監視カメラ越しに常にモニタリングされています。

3位. カンニングしたい内容を身体に書き込む

※画像はイメージです。


【内容】

手のひらや腕にカンニングしたい内容を書き込むというもの。

【主な発見場所】
受験中に不自然な動作をしているところを監視カメラが捉えて発見に至ります。
覚えたい内容を事前に身体に書いてくるパターンが多いですが、CBTで出題された問題を身体に書き込んで問題を持ち帰ろうとするパターンもまれにあります。

CBTの場合、試験問題の持ち帰りは不正行為として見なされるので、問題を持ち帰ろうとすることは絶対にやめましょう。

■ カンニングがバレたらどうなるのか

カンニングをしたことが分かったら、すぐに試験室から強制退室となります。たとえ試験に合格していたとしてもその試験は「失格(無効)」として処理され、出席・欠席といった記録も残らず、受験料の返金もありません。

また、SPIなどの適性検査や企業が行う社内試験でカンニングをした場合は、選考企業や所属企業にも通達されるので、選考(内定)取消や降格処分になる可能性もあります。
大切な試験だからこそ「試験に合格したい」という強い気持ちがあるのかもしれませんが、どのような理由だとしてもカンニングは絶対にしてはいけない行為です。

■ CBTのカンニング防止策

CBTでは主に下記のような対策をすることで、カンニングなどの不正行為を防いでいます。

試験前

・試験官による受付時の目視
・本人確認書類をもとにした本人確認で替え玉受験の防止
・規定以外の私物の持ち込みを禁止

▲本人確認書類をもとにしっかり確認(※画像はイメージです)

試験中

・定期的な巡回による監視
・監視カメラによる監視
・セキュリティの高いシステムを使用することで、試験中のパソコン操作を制限
・席と席の間にパーテーションを設置

▲監視カメラで試験室内の様子を監視中(※画像はイメージです)


このほかにも、不正行為が見つかった際は、不正があった試験名とその方法が注意喚起として全国にある試験会場(テストセンター)に通達※されます。どんなにカンニングが巧妙になっても、他の試験会場で同様のカンニングが起きた際に発見できるよう情報が共有されているのです。

さらに、試験の監督は試験官の認定試験に合格した「認定試験官※」が担当しています。知識と経験が豊富な試験官のプロが、受験者の怪しい動きや不正行為がないか常に目を光らせています。
※CBTソリューションズ社と提携しているテストセンターの場合

▲認定試験官の認定証(サンプル)

*****

不正行為をなくすために、CBT業界では不正をした受験者のいわゆるブラックリストを作り、そのデータを業界内で共有することも検討中のようです。
一度でも不正をするとそのリストに登録され、今後すべての試験が受験できなくなったり、その情報を企業が採用活動をする際にデータベースとして照会できたりするといったことが想定されています。

アメリカでは既に実施されている取り組みで、将来的にもし日本でも導入されれば、カンニングの大きな防止対策になりそうですね。

■ CBTでカンニングはできるのか

結論から言えば、CBTでバレずにカンニングをすることは、これまでの集合型の筆記試験よりも難しいといえます。前述のようにCBTは不正行為対策が徹底された環境と、専門の試験官による監督のもと試験が実施されているので、カンニングをしたとしてもすぐに発見されてしまうからです。

また、CBTでは受験者ごとに出題される問題や選択肢の順番のほか、そもそも受験している試験自体が異なるため、筆記試験で起こりうる他の受験者の解答を盗み見るといったカンニングも事実上不可能です。

CBTは受験の環境的にも試験の性質的にも、他の試験方式に比べてカンニングがしづらい試験方式だといえるでしょう。


いかがでしたか?

試験への不安や焦燥感で「カンニングをしたい」と思ってしまうときがあるかもしれませんが、CBTに限らずカンニングは禁止されているので絶対にやってはいけない行為です。

自分の能力・知識を正しく測るために、また「カンニングをしたい」という衝動に駆られないためにも、勉強をしっかり行って試験には正々堂々と実力で挑みましょう!

監修:株式会社シー・ビー・ティ・ソリューションズ
CBT試験の配信を中心に、一貫した試験委託サービスを提供。全国にCBT試験の提携会場を持ち、日商簿記検定や漢検をはじめとするさまざまな資格・検定の運営を行う。「日本の資格・検定」の運営元。

◆CBTの導入をご検討中の主催者様はぜひCBTソリューションズへお問い合わせください!

日本の資格・検定

人気記事ランキング