情報配線施工技能検定

情報配線施工技能検定は、光ファイバーの配線やLANの設計などの、情報通信配線の施工スキルを認定する国家資格です。インターネットが広く普及し、多くの家庭でブロードバンド環境が整っている現在、有資格者の活躍がますます期待されています。

試験級
【1級】
【2級】
【3級】
実施日程
年3回

<次回日程>
【1・2級】
〔学科〕2018年11月10日(土)
〔実技〕2019年2月2日(土)
【3級】2018年9月29日(土)
申込期間
【1・2級】
〔学科〕2018年9月3日(月)~9月28日(金)
〔実技〕2018年11月19日(月)~12月21日(金)
【3級】
2018年7月23日(月)~8月17日(金)
受検料
〔実技〕
【1級】28,000円
【2級】22,000円
【3級】6,500円

〔学科〕
【1級】7,500円
【2級】7,000円
【3級】6,500円
受検資格
詳細はこちらをご確認ください。
http://www.b2every1.org/exam/ginou_sum.html
試験会場
【1級】東京、大阪
【2級】全国8ブロック
(北海道、東北、関東、北陸、中部、関西、中国・四国、九州)
【3級】全都道府県
試験時間
〔学科試験〕
【1級】90分
【2級】60分
【3級】60分

〔実技試験〕
【1級】150分
【2級】90分
【3級】60分 (作業試験、ペーパー試験各30分)

※3級の実技試験は、作業試験とペーパー試験とで行われます。
試験方法
学科試験+実技試験
出題範囲
〔学科試験〕
①情報ネットワーク概論
②配線施工機材及び工具
③情報配線システム
④メタルケーブルの配線施工
⑤光ケーブルの配線施工
⑥測定試験
⑦安全衛生

〔実技試験〕
情報配線施工作業
①光ケーブルの配線施工
②メタルケーブルの配線施工

※3級の場合、上記について作業試験とペーパー試験を実施されます。
合否基準
・学科試験は満点の70%以上の得点を得た者。
・実技試験は次のとおり。

①1級及び2級の場合、作業試験の各課題において配点の60%以上得点を得て、かつ、合計が満点の75%以上の得点を得た者。

②3級の場合、作業試験、ペーパー試験それぞれにおいて配点の60%以上得点を得て、かつ、合計が満点の75%以上の得点を得た者。

お問い合わせ先 特定非営利活動法人 高度情報通信推進協議会
(ICP協議会)
URL:http://www.b2every1.org/index.html

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年8月10日 更新