ドイツ語技能検定試験

ドイツ語技能検定試験は、ドイツ語の語学力を測定するための検定試験です。ドイツ語は英語に準ずる第2外国語として人気が高く、5級の初歩に始まり、1級の最高レベルまで幅広く対応しています。学習を通じてドイツの文化や政治・経済など幅広い知識を得ることができるので、ドイツに興味がある方におススメです。

4〜5年以内に受験

5級を受験しました。比較的簡単なので、気軽に挑戦出来ると思います

基本情報INFORMATION

試験級
【1級】【準1級】
【2級】【3級】
【4級】【5級】
実施日程
<2020年冬回>
〔一次〕2020年12月6日(日)
〔二次〕2020年1月24日(日)(予定)※1・準1級のみ

申込期間
<2020年冬回>
郵送:9月1日~10月23日(金)消印有効
※書店・生協での払い込みは10月22日(木)まで
インターネット:9月1日~10月22日(木)

受検料
【1級】12,320円
【準1級】10,230円
【2級】8,250円
【3級】6,710円
【4級】4,620円
【5級】3,630円

【1・準1級併願】20,350円
【準1・2級併願】17,380円
【2・3級併願】13,860円
【3・4級併願】10,230円
【4・5級併願】7,150円(各税込)
受検資格
どなたでも受験できます。
試験会場
全国の約30大学で実施 (期によって異なります)
試験時間
【1級】
筆記 (120分) 聞き取り (約40分)

【準1級】
筆記 (90分) 聞き取り (約35分)

【2級】
筆記 (80分) 聞き取り (約30分)

【3級】
筆記 (60分) 聞き取り (約30分、一部書き取りを含む)

【4級】
筆記 (60分) 聞き取り (約25分、一部書き取りを含む)

【5級】
筆記 (40分) 聞き取り (約20分、一部書き取りを含む)


〔二次試験〕
【1級】約13分
【準1級】約8分
ドイツ語を母語とする人および日本人による口述試験
試験方法
【1・準1級】 〔一次〕 筆記試験、聞き取り試験 〔二次〕 口述試験
【2~5級】 筆記試験、聞き取り試験

お問い合わせ先 公益財団法人 ドイツ語学文学振興会 独検事務局
URL: http://www.dokken.or.jp

※2019年10月1日からの消費税率の変更に伴い、受験料・受講料等において金額に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2020年7月29日 更新