エネルギー管理士 (熱/電気)

エネルギー管理士は、エネルギー管理指定工場において、原油や電気などのエネルギー利用の合理化や設備の維持、使用方法の改善等の業務管理を行います。専門的知識はもちろんのこと、エネルギーを使用する設備やそれぞれの専門分野の技術についての知識も求められます。

実施日程
〔試験〕 8月上旬
〔研修〕 12月中旬(7日間)
2018年度研修
2018年12月10日(月)~12月16日(日)
申込期間
〔試験〕5月~6月
〔研修〕9月~10月
<2018年度研修>
2018年9月10日(月)~10月12日(金)※消印有効
受験料
〔試験〕 17,000円
〔研修〕 70,000円
受験資格
〔試験〕
どなたでも受験できます。
※免状申請の際にエネルギーの使用の合理化に関する実務に1年以上従事していることが必要です。ただし、実務経験は受験の前でも後でも構いません。

〔研修〕
研修申込時までにエネルギーの使用の合理化に関する実務に3年以上従事している方
試験会場
〔試験〕
札幌、仙台、東京、名古屋、富山、大阪、広島、高松、福岡、那覇

〔研修〕
仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡
試験方法
〔試験〕筆記試験(マークシート方式)
〔研修〕講習+修了試験(記述式)
出題範囲
〔必修基礎区分〕
課目Ⅰ: エネルギー総合管理および法規

〔選択専門区分〕
①熱分野
課目Ⅱ: 熱と流体の流れの基礎
課目Ⅲ: 燃料と燃焼
課目Ⅳ: 熱利用設備およびその管理

②電気分野
課目Ⅱ: 電気の基礎
課目Ⅲ: 電気設備および機器
課目Ⅳ: 電力応用
備考
2種類の取得方法があります。
(1) 国家試験に合格する
(2) エネルギー管理研修の修了試験に合格する

お問い合わせ先 一般財団法人 省エネルギーセンター
URL: http://www.eccj.or.jp

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年8月31日 更新