法務省専門職員 (人間科学)

法務省専門職員は、非行を犯した少年の更正と社会復帰のサポートを職務としています。矯正心理専門職・法務教官・保護観察官の3つに区分されており、いずれも人間科学の知識が求められます。少年の再犯を防ぐためにも、法務省専門職員の役割はとても重要です。

基本情報INFORMATION

実施日程
〔第1次試験〕6月中旬
〔第2次試験〕7月中旬
申込期間
3月下旬~4月上旬
受験資格
【矯正心理専門職区分】
①21歳以上30歳未満の者
②21歳未満で、大学を卒業した者および翌年3月までに卒業見込みの者
③人事院が②に掲げる者と同等の資格があると認める者


【法務教官区分】【保護観察官区分】
①21歳以上30歳未満の者
②21歳未満で、大学を卒業した者および翌年3月までに卒業見込みの者、ならびに人事院がこれらと同等の資格があると認める者
③21歳未満で、短期大学または高等専門学校を卒業した者および翌年3月までに卒業見込みの者、ならびに人事院がこれらと同等の資格があると認める者 ほか


【法務教官区分(社会人)】
30歳以上40歳未満の者
出題範囲
【矯正心理専門職A・B】【法務教官A・B】 
〔第1次試験〕
①基礎能力試験 (多肢選択式)
②専門試験 (多肢選択式)
③専門試験 (記述式)

〔第2次試験〕
①人物試験
②身体検査
③身体測定


【保護観察官】
〔第1次試験〕
①基礎能力試験 (多肢選択式)
②専門試験 (多肢選択式)
③専門試験 (記述式)

〔第2次試験〕
 人物試験

お問い合わせ先 人事院各地方事務局・事務所
URL:http://www.jinji.go.jp/saiyo/saiyo.htm

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年8月28日 更新