放射線取扱主任者

放射線取扱主任者は、放射性同位元素あるいは放射線発生装置を取り扱う場合に、放射線障害防止のための管理・監督を行う者に必要な資格です。資格保持者は、放射線を取り扱う事業所において、放射線障害の防止について監督を行う仕事に就くことができます。

試験級
【第1種】
【第2種】
実施日程
【第1種】 8月下旬の2日間
【第2種】 8月下旬の1日間
申込期間
5月中旬~6月中旬
受験料
【第1種】 14,300円 
【第2種】 10,200円(各税込)
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡
試験方法
筆記試験(マークシート方式)
出題範囲
【第1種】
①物理学、化学、生物学のうち放射線に関する課目
②物理学のうち放射線に関する課目
③化学のうち放射線に関する課目
④放射性同位元素などによる放射線障害の防止に関する管理技術・放射線の測定技術に関する課目
⑤生物学のうち放射線に関する課目
⑥放射性同位元素などによる放射線障害の防止に関する法律に関する課目


【第2種】
①放射性同位元素による放射線障害の防止に関する管理技術Ⅰ
②放射性同位元素による放射線障害の防止に関する管理技術Ⅱ
③放射性同位元素などによる放射線障害の防止に関する法律に関する課目
結果発表
10月下旬
備考
放射線取扱主任者 (第1種・第2種) の免状を取得するためには、放射線取扱主任者試験 (第1種・第2種) に合格し、かつ所定の講習を修了することが必要です。第3種の放射線取扱主任者免状は、所定の講習を修了するのみで取得することができます。

お問い合わせ先 公益財団法人 原子力安全技術センター
URL:http://www.nustec.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。