IMF (国際通貨基金) 専門職員

IMF(国際通貨基金)専門職員とは、国際金融市場において通貨・為替相場の安定を目指す国際機関であるIMFの職員を指します。国際的視点で経済や金融、財政の調査・分析にあたるのが主な仕事となります。職員になるには、高度な英語能力はもちろん、各職種に必要な専門的な知識や国際経済に関する専門知識が必要です。

基本情報INFORMATION

実施日程
随時
受験資格
〔ミッドキャリア・エコノミスト〕
研究機関、その他金融、財政などを取り扱う機関で、マクロ経済学に関連した就業経験を5年以上有している者 ほか

〔エコノミスト・プログラム〕
①33歳未満の者
②マクロ経済学専攻博士課程修了者または経済学関連分野の修士取得号取得者
③専門的な議論ができ、分析レポートが書ける程度の英語堪能者
試験方法
筆記試験+面接
出題範囲
種類・論文選考後、数回の面接

お問い合わせ先 国際通貨基金(IMF)アジア太平洋地域事務所(OAP)
URL: http://www.imf.org/external/oap/jpn/indexj.htm

※2019年10月1日からの消費税率の変更に伴い、受験料・受講料等において金額に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2019年11月6日 更新