医師事務作業補助技能認定試験(ドクターズクラーク(R)

医師事務作業補助技能認定試験(ドクターズクラーク(R)

医療

この試験は、医師事務作業補助業務に従事する人が必要な知識・技能を評価する試験です。病院勤務医の負担軽減の一つとして診療録や各種診断書、証明書等の医療文書作成業務等を行う医師事務作業補助職は、多くの医療機関での活躍が期待されています。

実施日程
年6回(5月 7月 9月 11月 1月 3月)
申込期間
試験日の2カ月前 ~ 2週間前
受験料
9,000円
受験資格
①教育機関等が行う教育訓練のうち、認定委員会が認定規程により定める「医師事務作業補助技能認定試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合すると認めるものを履修した者
②医療機関等において医師事務作業補助職として6ヵ月以上(32時間以上の基礎知識習得研修を含む)の実務経験を有する者
③認定委員会が前各号と同等と認める者

※①~③のいずれかに該当する者
試験会場
各都道府県内の公共施設など
試験時間
〔学科試験〕50分
〔実技試験〕60分
試験方法
筆記試験(択一式)+実技試験(記述式)
問題数
〔学科試験〕25問
〔実技試験〕4問
出題範囲
〔学科試験〕医師事務作業補助基礎知識
〔実技試験〕医療文書作成
合否基準
学科試験および実技試験の各々の得点率が70%以上
結果発表
試験日から約1ヵ月後に郵送されます。

お問い合わせ先 一般財団法人 日本医療教育財団 技能審査試験係
URL: http://www.jme.or.jp/exam/dc/index.html

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年7月10日 更新