建設機械施工技士

建設機械施工技士は、建設現場で建設機械施工に関する運転操作や、土木技術・管理技術についての知識と技能を兼ね備えた責任者を認定する国家資格です。2級と1級に分かれており、2級は主に操作・施工技術者としての職務能力、1級は現場監督などの指導監督的な職務能力の証明になります。

試験級
【1級】
【2級】
実施日程
〔学科〕 6月中旬
〔実地〕 8月下旬~9月中旬
受検料
【1級】 
〔学科〕10,100円
〔実地〕15,000円~27,800円
※2級の資格取得数等によって異なります。

【2級】 
〔学科〕10,100円 (1種別につき)
〔実地〕21,600円 (1種別につき)
受検資格
【1級】
大卒で指定学科専攻の場合、指導監督的経験を1年以上含む3年以上の実務経験者 ほか
 
【2級】
大学で指定学科専攻の場合、受検種別に6ヵ月以上で、他の種別と通算して1年以上の実務経験者 ほか
試験方法
学科試験 + 実地試験

お問い合わせ先 一般社団法人 日本建設機械施工協会
URL: http://www.jcmanet.or.jp/jcmanet/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。