事業用操縦士 (滑走機/飛行船)

事業用操縦士は、遊覧目的や報道目的、農業での農薬散布など事業を目的として滑空機 (グライダー) ・飛行船の操縦をするために必要な資格です。滑空機、飛行船共に一定の飛行経験が必要で、受験前に飛行経験を満たしていなければ受験することは出来ません。

試験級
【事業用操縦士・動力滑空機】
【事業用操縦士・上級滑空機】
【事業用操縦士・飛行船】
実施日程
年6回(5月 7月 9月 11月 1月 3月)
受験料
【事業用操縦士・動力滑空機】
〔学科〕5,600円 〔実地〕48,100円 〔登録免許税〕7,500円

【事業用操縦士・上級滑空機】
〔学科〕5,600円 〔実地〕25,400円 〔登録免許税〕7,500円

【事業用操縦士・飛行船】
〔学科〕5,600円 〔実地〕56,500円 〔登録免許税〕7,500円
受験資格
【事業用操縦士・動力滑空機】
18歳以上で、出発地点から240km以上の野外飛行で、中間で2回以上の生地着陸などを含む飛行経験を有する者

【事業用操縦士・上級滑空機】
18歳以上で、機長として、5回以上の失速からの回復の方法の実施などを含む、15時間以上の滑空を行った経験を有する者

【事業用操縦士・飛行船】
18歳以上で、飛行船による20回以上の離着陸を含む、50時間以上の機長としての飛行などを含む200時間以上の飛行経験を有する者
試験会場
千歳、岩沼、東京、名古屋、大阪、福岡、宮崎、那覇
試験方法
学科試験+実地試験
出題範囲
【動力滑空機・上級滑空機】
〔学科〕
①航空工学  
②滑走機飛行の関する気象 
③空中航法 
④航空通信概要 (動力滑空機のみ) 
⑤国内航空法規

〔実地〕
①運航に必要な知識 
②飛行前作業
③飛行場および場周経路における運航
④航空交通管制機関などとの連絡 (動力滑空機のみ) ほか


【飛行船】
〔学科〕
①航空工学
②航空気象 
③空中航法 
④航空通信 (概要) 
⑤航空法規 (国内航空法規、国際航空法規の概要)

〔実地〕
①運航に必要な知識 
②飛行前作業
③基本的な計器による飛行 ほか

お問い合わせ先 国土交通省 航空局 安全部運航安全課
URL: http://www.mlit.go.jp/koku/15_bf_000298.html

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。