情報セキュリティ管理士認定試験

情報セキュリティ管理士認定試験

法務・知識

情報セキュリティ管理士認定試験は、主に管理職やリーダーを対象として行われている、情報セキュリティ管理の総合的な知識を認定する試験です。試験では、企業が有する様々な情報資産のリスク管理や対策など、今後ますます必要となる知識が問われます。事務系・管理系の方々や、管理職の方におススメです。

実施日程
<第28回>
2018年 2月11日(日)
申込期間
<第28回>
2017年10月3日(火) ~ 2018年1月11日(木)
受験料
10,000円 (税別)
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
札幌、仙台、郡山、東京、千葉、埼玉、横浜、浜松、名古屋、津、大阪、神戸、岡山、広島、福岡、鹿兒島、沖縄 ほか
(試験日により異なる)
試験時間
120分
試験方法
筆記試験 (マークシート方式)
出題範囲
Ⅰ:情報セキュリティ総論
・近年の情報セキュリティ事件・事故の例と企業責任
・情報セキュリティの三分野における専門知識
・情報に関する企業と個人の権利を守るには
・情報の保護に関する法規制
・リスク分析と安全対策の概要
・プライバシーマーク認定制度について
・ISMS適合性評価制度について

Ⅱ:情報資産に対する脅威と対策①
・紙媒体の利用に関する脅威
・社員・社内にいる部外者・協力会社などによる脅威
・建物・部屋への侵入の脅威
・天災に関する脅威
・大規模障害に関する脅威
・紙媒体不正利用対策
・設備機器の管理
・不特定者の侵入対策
・天災と大規模障害対策

Ⅲ:情報資産に対する脅威と対策②
・コンピュータ利用上の脅威
・インターネットの利用に関する脅威
・電子媒体の利用に関する脅威
・外部からの攻撃の脅威
・コンピュータ不正利用等の対策
・インターネット不正利用対策
・電子媒体不正利用対策
・ネットワーク攻撃対策

Ⅳ:コンピュータの一般知識
・ソフトウェアに関する知識
・ハードウェアに関する知識
・OSに関する知識
・ネットワークに関する知識
学習の手引き
《参考書籍》
URL:http://www.joho-gakushu.or.jp/isme/book.html

《受験対策講座》
URL:http://www.joho-gakushu.or.jp/isme/3semi.html
合否基準
I ~ IV 各々70%以上
結果発表
合否については、試験より約1ヶ月後にホームページ上で発表します。

お問い合わせ先 一般財団法人 全日本情報学習振興協会
URL: http://www.joho-gakushu.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。