獣医師

獣医師は、動物の病気や怪我に対して診療や治療、予防などの医療業務を行うことができる専門家です。医療業務以外にも、家畜などの改良増殖や動物用医薬品、動物疾患の試験研究、希少動物の人工繁殖など、活動領域は多岐にわたります。動物の健康を守る多くの現場で、獣医師は必要不可欠な存在です。

実施日程
2月中旬の2日間
(試験前年の10~11月頃に官報で公示される)
実施日程
<第69回>
2018年2月14日(水)
2018年2月15日(木)
申込期間
<第69回>
2018年1月4日(木)~2018年1月15日(月)
受験料
13,900円
支払方法
収入印紙
受験資格
①現行の大学の獣医学の正規の課程 (6年制) を修めて卒業した者 (卒業見込みの者を含む)
②外国の獣医学校を卒業、または外国で獣医師の免許を取得した者で、獣医事審議会が獣医師法の規定に基づき認定した者
③獣医師国家試験予備試験に合格した者 ほか
試験会場
北海道、東京、福岡
試験方法
マークシート方式
問題数
[必須問題] 50問
[学説に関する試験] 160問
[実地に関する試験] 120問
出題範囲
飼育動物の診療上必要な獣医学ならびに獣医師として必要な公衆衛生に関する知識・技能について、以下の基準で必須問題、学説試験および実地試験に分けて筆記試験が行われる

①獣医療の基本的事項
②獣医学の基本的事項
③衛生学に関する事項
④獣医学の臨床的事項

お問い合わせ先 農林水産省 消費・安全局 畜水産安全管理課獣医事班
URL: http://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/zyui/shiken/shiken.html

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2017年2月8日 更新