海技士 (機関)

海技士は、船が航行するためのエンジン類の機械や船内の機器の運転・管理・点検を行い、船の安全航行に努める専門家です。収入は多いですが、生活の大部分を海上で過ごさなければならないため、相当の体力や精神力が必要となります。

試験級
【1級】【2級】
【3級】【4級】
【5級】【6級】
実施日程
定期試験: 年4回(4月 7月 10月 2月)
※臨時試験もあります。

<2018年度10月試験>
試験開始日:2018年10月1日(月)~

<2018年度2月試験>
試験開始日:2019年2月1日(金)~
申込期間
<2018年度10月試験>
2018年8月27日(月)~9月18日(火)
※口述試験のみを申請する場合は10月1日(月)まで

<2018年度2月試験>
2018年12月25日(火)~2019年1月17日(木)
※口述試験のみを申請する場合は1月31日(木)まで
受験料
〔学科・筆記〕 2,400~7,200円
〔学科・口述〕 3,000円~7,500円
〔身体検査〕 870円
支払方法
収入印紙
受験資格
級ごとに定められた乗船履歴があることが必要です。
試験会場
全国11カ所
試験方法
学科試験(筆記・口述)+身体検査
出題範囲
〔学科試験・筆記〕
①機関に関する問題(その1~3)
②執務一般に関する科目
〔学科試験・口述〕
※筆記合格者のみ
〔身体検査〕
①視力
②色覚
③聴力
④疾病および身体機能の障害の有無

お問い合わせ先 国土交通省各地方運輸局 海上安全環境部労働環境・海技資格課
関東:関東運輸局海上安全環境部 船員労働環境・海技資格課
URL:http://wwwtb.mlit.go.jp/kanto/kaijou_annzen/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年8月27日 更新