経営労務コンサルタント (正・補)

経営労務コンサルタント (正・補)

経営・人事・総務

経営労務コンサルタント (正・補)は、企業の人事労務分野のコンサルタントとして、改善や指導などの業務を行うことができる専門家です。資格には「正」と「補」があり、「補」は20歳以上、「正」は27歳以上で取得が可能となり、「正」の資格保持者は独立開業することもできます。

受験料
経営労務コンサルタント(補): 5,000円
経営労務コンサルタント(正): 10,000円
受験資格
経営労務コンサルタント (補):
(1) 経営労務講座の全課程を修了した者
(2) 社会保険労務士法に基づく社会保険労務士である者
(3) 弁護士、弁理士、公認会計士、税理士、中小企業診断士、司法書士、行政書士となる資格を有する者
(4) 中央職業能力開発協会が実施するビジネス・キャリア検定3級試験に合格した者
(5) 労働安全衛生法に基づく衛生管理者となる資格を有する者であって、3年以上の実務経験を有する者 ほか

経営労務コンサルタント (正): 
(1) 経営労務講座の修了以外の要件で経営労務コンサルタント「補」登録後、経営労務講座を修了した者
(2) 人事労務実務研修会の修了以外の要件で経営労務コンサルタント「補」登録後、人事労務実務研修会を修了した者
(3) 経営労務コンサルタント「補」登録の後、財団・支部の行う研修会参加単位100単位を取得した者
(4) 経営労務講座の全課程を修了し、経営労務コンサルタント補の受験資格のうち(1)~(3)の資格を有する者 
(5) 社会保険労務士法に基づく社会保険労務士であって、2年以上の実務経験を有する者 ほか
試験方法
論文試験
出題範囲
経営労務コンサルタント (補)
「労務管理に関する改善事例又は改善策」

※労務管理分野のうち、現在重要と思われるテーマまたは関心のあるテーマを選んで論じる

経営労務コンサルタント (正)
「労使関係問題に関する解決事例又は労使関係改善策」
「安全衛生管理体制に関する改善事例又は改善策」
「人事・賃金制度に関する改善事例又は改善策」
「採用・教育・能力開発に関する改善事例又は改善策」
「戦略的財務分析による改善事例又は改善策」

※上記より、いずれか1項目を選択し論じる

お問い合わせ先 一般財団法人 日本経営教育センター コンサルタント会員登録係
URL: http://www.jme-center.or.jp/keieiroumu/index.html

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。