PMOスペシャリストTM認定資格(NPMO認定PMO-S TM)

PMOスペシャリストTM認定資格(NPMO認定PMO-S TM)

経営・人事・総務

PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)スペシャリストとは「組織内における個々のプロジェクトマネジメントの横断的な支援」を行うシステムのスペシャリストであり、組織内のプロジェクトマネジメント能力の向上に貢献するという重要な役割を担います。広い視野を持ってプロジェクトの成功率を高めるだけではなく、自身のキャリアアップにも繋がります。

基本情報INFORMATION

試験級
【PMOスペシャリスト(★)TM 】
【PMOスペシャリスト(★★)TM】※現在策定中
【PMOスペシャリスト(★★★)TM】※現在策定中
申込方法
WEB申し込み
受験料
くわしくはこちらをご覧ください
https://bit.ly/2X1Tc7I
支払方法
銀行振込もしくはクレジットカード決済
受験資格
・指定のNPMO認定教材での学習を修了した方。※1
・日本PMO協会または他団体のプロジェクトマネジメント関連資格※2を有している方。
・年齢・性別・国籍・業界・業務経験などは一切不問。
※1コンテンツの一部にプロジェクトマネジメントの基礎概念や知識を習得していないと理解できない内容が含まれているため。
※2「プロジェクトマネジメント関連資格」の例は以下の通り。
日本PMO協会発行の各種プロジェクトマネジメント関連資格/米国プロジェクトマネメネジメント協会発行の各種プロジェクトマネジメント関連資格/日本プロジェクトマネジメント協会の各種プロジェクトマネジメント関連資格/情報処理推進機構発行のプロジェクトマネジメント関連資格/その他、国内外の団体が発行する各種プロジェクトマネジメント関連資格(ただし、WEBなどで資格情報が明示され、市場に公開されている資格に限ります。)
試験時間
90分
※受講を含めた場合
(1)映像型eラーニングで学(約4時間)+自習(目安約20時間~)で学ぶ
(2)オンライン試験(毎月1回・期間1週間)を受験(90分)
試験方法
四択問題形式
問題数
50問
出題範囲
■知識
・PMOとは何かについてその基礎的概念や位置づけ、定義について
・一般的なPMOの役割とは何かについて
・PMOの導入手法概要例を参考にPMO導入手法
・PMO活動事例
■技術
導入手法概要例をもとに以下のPMO導入プロセスについて
・プロジェクトマネジメントへの理解
・プロジェクトマネジメント課題の抽出
・目標・管理指標の策定
・具体的支援内容の策定
・PMO組織の位置づけ策定
・自組織における新組織組成プロセスの実行
学習の手引き
一般社団法人日本PMO協会発行オンライン映像型Eラーニング教材(通信型教材)
※ 6ヶ月間の通信型教材で、通信講座期間は何度でも受講可能です。
合否基準
正解率80%以上
資格の更新
2年毎に更新
備考
下位資格に「プロジェクトマネジメント・アソシエイト(NPMO認定PJM-A™)」があります。

お問い合わせ先 一般社団法人 日本PMO協会
URL: https://www.npmo.org/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2019年3月1日 更新