労働安全コンサルタント

労働安全コンサルタントは、製造業や建設現場で働く人々が安全に仕事に励むことができるよう、作業場等の診断や改善などの指導を行う専門家です。労働安全・労働衛生に関する高い専門知識はもちろん、豊富な経験に裏付けられた高い指導力、安全衛生に対する強い意欲が求められる重要な仕事です。

実施日程
〔筆記試験〕 10月中旬
〔口述試験〕 1月下旬~2月上旬の指定する日時

<第46回>
〔筆記試験〕2018年10月16日(火)
〔口述試験〕会場により異なります
申込期間
〔筆記試験〕 7月上旬~8月上旬
〔口述試験〕 11月上旬~中旬

<第46回>
〔筆記試験〕2018年7月9日(月)~8月8日(水)
〔口述試験〕2018年11月1日(木)~11月16日(金)※消印有効
受験料
24,700円
受験資格
①大学で理科系統の正規の課程を修めて卒業した方で、その後5年以上安全の実務に従事した経験を有する方
②短大または高専で理科系統の正規の課程を修めて卒業した方で、その後7年以上安全の実務に従事した経験を有する方
③高校または中学において理科系統の正規の学科を修めて卒業した方で、その後10年以上安全の実務に従事した経験を有する方
④安全管理者として10年以上その職務に従事した方
 ほか
試験方法
筆記試験+口述試験
出題範囲
機械、電気、化学、土木、建築から試験区分を選択してから受験します。

〔筆記試験〕
①産業安全一般
②産業安全関係法令
③各専門科目

〔口述試験〕
①産業安全一般
③各専門科目

お問い合わせ先 公益財団法人 安全衛生技術試験協会
URL: http://www.exam.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年7月24日 更新