不動産流通実務検定

不動産流通実務検定とは、安心・安全な不動産取引に必要である実務知識・行動規範・実戦応用力が身に付いているかを測る、不動産流通業務の新指標となる資格です。宅建士と似ていますが、この検定はスコアで実力が判定されるのが特徴です。

実施日程
年1回(秋)
受検料
3,000円(税込)
支払方法
・クレジット決済
・コンビニ決済
試験会場
インターネットに接続できる環境があればどこでも受検可能です。
試験時間
150分
試験方法
コンピュータ試験
問題数
100問
出題範囲
■メイン科目
 重要事項説明・取引の安全確保
■準メイン科目
 価格査定・ファイナンス、賃貸実務・借地借家、建築、不動産に関する税金、相続
■周辺科目
 競売、不動産の信託、不動産の証券化、海外不動産

※詳細はこちら
http://www.retpc.jp/score-kentei/contents/index.html#c01
結果発表
1. 1000点満点の得点 (受検後直ちに画面に表示)
2. 科目別正答率 (受検後直ちに画面に表示)
3. 全国順位 (受検期間終了後マイページに掲載)

お問い合わせ先 公益財団法人 不動産流通推進センター
URL:http://www.retpc.jp/score-kentei/index.html

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年6月8日 更新