司法試験予備試験

司法試験予備試験は2011年から実施されている国家試験で、法科大学院を経由しなくても司法試験の受験資格を得られるように設けられた試験です。合格すると、法科大学院課程修了者と同等の法律に関する実務の基礎的素養、学識および応用力があると認められ、司法試験を受験することが可能となります。

実施日程
〔短答式〕5月中旬の1日間
〔論文式〕7月中旬の2日間
〔口述〕10月下旬の2日間

<2018年度>
〔短答式〕2018年5月20日(日)
〔論文式〕2018年7月15日(日)・16日(月)
〔口述〕 2018年10月27日(土)・28日(日)
申込期間
1月下旬~2月上旬

<2018年度>
2018年1月15日(月) ~ 1月26日(金)
受験料
17,500円
支払方法
収入印紙
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
〔短答式試験〕
札幌またはその周辺、仙台、東京、名古屋、大阪またはその周辺、広島、福岡

〔論文式試験〕
札幌、東京、大阪、福岡

〔口述試験〕
東京またはその周辺
試験方法
筆記試験+口述試験
出題範囲
〔短答式試験〕
①民法・商法・民事訴訟法 
②憲法・行政法 
③刑法・刑事訴訟法
④一般教養科目 

〔論文式試験〕
①憲法・行政法 
②刑法・刑事訴訟法 
③一般教養科目
④法律実務基礎科目 (民事・刑事)
⑤民法・商法・民事訴訟法 

〔口述試験〕
①法律実務基礎科目 (民事) 
②法律実務基礎科目 (刑事)
結果発表
〔短答式〕6月中旬
〔論文式〕10月上旬
〔口述〕11月上旬

お問い合わせ先 法務省大臣官房人事課司法試験予備試験係
URL: http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/shikaku_saiyo_index.html

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。