診療報酬請求事務能力認定試験

診療報酬請求事務能力認定試験

医療

この試験は、医師の書いたカルテから保険点数を換算し、レセプトとよばれる診療報酬明細書を作成するまでの事務能力を審査するものです。数ある医療事務資格の中でも取得が難しく、医療機関における認知度や評価も高いので、就職・転職やキャリアアップに有効といえます。

試験級
【医科】
【歯科】
実施日程
年2回(7月・12月)、日曜日または祝日
申込方法
・郵送でのお申込み
・インターネットでのお申込み
受験料
9,000円(税込)
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
札幌、仙台、さいたま、千葉、東京、横浜、新潟、金沢、静岡、名古屋、大阪、岡山、広島、高松、福岡、熊本、那覇
試験時間
合計 3時間
試験方法
学科試験(マークシート方式) + 実技試験(レセプト作成)
問題数
〔学科〕計 20問
〔実技〕3問
出題範囲
〔学科〕
①医療保険制度等・公費負担医療制度の概要
②保険医療機関等・療養担当規則等の基礎知識
③診療報酬等・薬価基準・材料価格基準の基礎知識
④医療用語及び医学・薬学の基礎知識
⑤医療関係法規の基礎知識
⑥介護保険制度の概要

〔実技〕
診療報酬請求事務の実技
結果発表
試験実施後から約2か月後

お問い合わせ先 公益財団法人 日本医療保険事務協会
URL: http://www.shaho.co.jp/iryojimu

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年7月10日 更新