Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験では、Webサイトを制作するうえで必要な専門スキルを測ります。HTMLなどの基本的な知識のほか、ウェブページの作成能力やデザイン能力が身につくので、Web制作業務のスキルをアピールするには有効な資格でしょう。

新型コロナウイルス感染拡大による資格・検定の中止・延期情報はこちら。
※試験・講座の情報が変更されている場合があるため、最新情報は必ず各資格・検定公式ページをご確認ください。

2〜3年以内に受験

エキスパート(HTML5)を受検しました。IT系の資格はプログラミング系でも択一式が多い中、この検定は最初に択一式の問題が少しあり、大半は実際にコードを書いていくものになります。当然、パソコンで受検です。一つのサイトを作り上げる課題なんですが、基本は細かく体裁等の指示がされていますし、共通のCSSは用意された状態なので、そんなに網羅的に記憶しておく必要は無いですが、基本的なタグやスタイルの指定の仕方は知っておく必要はあります。公式問題集があって、ほぼ本番と同じなので、それを事前にやっておくと確実に合格できると思います。

基本情報INFORMATION

試験級
【エキスパート】
【スタンダード】
実施日程
随時
受験料
【エキスパート】7,500円
【スタンダード】5,900円(各税込)
支払方法
・銀行振込
・コンビニエンスストア
・クレジットカード
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
全国主要都市にて実施
試験時間
【エキスパート】
〔知識〕20分
〔実技〕テキストエディター使用:110分
    Webページ作成ソフト使用:90分

【スタンダード】
〔実技〕テキストエディター使用:70分
    Webページ作成ソフト使用:60分
試験方法
コンピュータ試験
問題数
【エキスパート】
〔知識〕20問
〔実技〕1テーマ(基本ページ1ページと5ページ程度のHTMLとCSSの作成、画像ファイル)

【スタンダード】
〔実技〕1テーマ(4ページ程度のXHTMLファイルとCSSファイル)
出題範囲
詳細はこちらをご確認ください。
https://www.sikaku.gr.jp/web/wc/contents/about/range/1/
合否基準
【エキスパート】知識問題と実技問題の合計得点において得点率65%以上
【スタンダード】実技問題の得点において得点率65%以上
結果発表
試験後1ヵ月を目途に郵送

お問い合わせ先 株式会社サーティファイ 認定試験事務局
URL: http://www.sikaku.gr.jp/web/wc/

※2021年4月1日から消費税を含めた総額表示の義務化に伴い、受験料・受講料等の表記に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2020年6月12日 更新