日本の資格・検定

資格・検定

ビジネスコンプライアンス検定

ビジネスコンプライアンス検定とは、業務を行うのに必要なコンプライアンス能力を判定する資格試験です。最近は企業だけでなく、企業に属するビジネスマンの法令順守に関する事件が増えているため、コンプライアンスの知識や能力を持っている人材へのニーズは非常に高まると予想されます。


受験者の声を投稿する

受験者の声とは

試験級
【上級 Advanced Lebel】
【初級 Primary Lebel】
実施日程
8月の第1日曜日 翌年2月の第1日曜日

<2022年度>
第36回:2023年2月5日(日)

<2023年度>
第37回:2023年夏実施予定
申込期間
試験日の3週間前まで

<2022年度>
第36回:2022年8月1日(月)~2023年1月29日(日)

<2023年度>
第37回:2023年2月6日(月)~
申込URL
http://www.sikaku.gr.jp/co/
申込方法
・オンライン申込
・郵便払込取扱票による申込
・申込書の郵送による申込
受検料
【上級】8,200円
【初級】5,700円 (各税込)
受検資格・対象者
どなたでも受験できます。
試験会場
在宅試験
試験時間
【上級】120分
【初級】60分
試験方法
【上級】筆記試験(マークシート方式+記述式)
【初級】筆記試験(マークシート方式)
問題数
【上級】多肢選択問題 40問、記述式 1問
【初級】多肢選択問題 40問
難易度
【上級】
コンプライアンス経営の推進者および主体者として日々の業務課題の解決に取り組み、具体的な事例について解決手段や対応策を意思決定することができる。また、コンプライアンス経営の根幹となる高度な法律知識と実践的な価値判断基準を有する。

【初級】
コンプライアンス経営のもとで、ビジネスパーソンとして日常業務を遂行する際に必要となる基礎的な法律知識と価値判断基準を有し、経営理念や社内規模、社会通念に基づく健全な行動をとることができる。
出題範囲
【上級】
コンプライアンス経営の推進者として必要とされる以下の知識
①コンプライアンスに関する実践的な知識
②コンプライアンスに関連する高度な法律知識
③ビジネスパーソンにおける高度な意思決定基準

【初級】
ビジネスパーソンとしてのコンプライアンス行動において必要とされる以下の知識
①コンプライアンスに関する基礎的な知識
②コンプライアンスに関連する基本的な法律知識
③ビジネスシーンにおける健全な価値判断基準
合否基準
【上級】得点率が70%以上
【初級】得点率が65%以上
結果発表
試験終了後、1ヶ月を目処に受験結果が送付されます。

試験主催者

株式会社サーティファイ 認定試験事務局
URL: http://www.sikaku.gr.jp/co/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2022年8月15日更新


関連する記事はまだありません。


関連する記事はまだありません。
皆さまの投稿をお待ちしております。


    関連するQ&Aはまだありません。
    皆さまの投稿をお待ちしております。