日本の資格・検定

資格・検定

液化石油ガス設備士

液化石油ガス設備士は、家庭用プロパンなどに使用されているLPガスの供給設備・消費設備の設置工事、または変更工事などを行うための国家資格です。プロパンガスのガス栓と硬質管を接続する配管作業などは危険が伴うため、資格を取得しなければこの業務を行うことはできません。


受験者の声を投稿する

受験者の声とは

実施日程
〔筆記試験〕11月中旬
〔技能試験〕12月上旬

<2022年度>
〔筆記試験〕2022年11月13日(日)
〔技能試験〕2022年12月4日(日)
※山形・富山・兵庫会場は12月5日(月)
申込期間
8月中旬~9月上旬

<2022年度>
2022年8月22日(月)~9月7日(水)
※郵送申込の場合、9月5日(月)まで
申込URL
https://www.khk.or.jp/
申込方法
WEB申込または郵送申込
受験料
22,700円(非課税)
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
各都道府県
試験時間
〔筆記試験〕
法令:60分
配管理論等:90分

〔技能試験〕
「電動ねじ切り機」を使用した場合:60分
「手動ねじ切り機」を使用した場合:75分
試験方法
筆記試験+技能試験
問題数
〔筆記試験〕
法令:15問
配管理論等:20問
出題範囲
〔筆記試験〕
①法令
②配管理論等

〔技能試験〕※筆記試験合格者のみ
①配管用材料及び工具の使用
②硬質管の加工及び接続
③器具等の取り付け
④気密試験の実施
⑤漏えい試験の実施
合否基準
筆記(各科目)・技能試験とも、それぞれ満点の60%程度
備考
液化石油ガス設備士講習を受講することにより、試験を免除することができます。
詳細はこちらをご確認ください。
https://www.khk.or.jp/qualification/examination_course/course_b/course_lpg_instengr.html

試験主催者

高圧ガス保安協会
URL: https://www.khk.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2022年7月15日更新


関連する記事はまだありません。


関連する記事はまだありません。
皆さまの投稿をお待ちしております。


    関連するQ&Aはまだありません。
    皆さまの投稿をお待ちしております。