日本の資格・検定

資格・検定

ETEC(JASA組込みソフトウェア技術者試験)

ETEC(JASA組込みソフトウェア技術者試験)とは、家電や自動車といった製品の動きを制御するプログラムを作る組込み技術者向けの試験制度です。合否判定はなく、分野別の正答率も分かるので自分のレベルや弱点を明白にすることができます。


受験者の声を投稿する

受験者の声とは

試験級
【組込みソフトウェア技術者試験クラス1(ミドルレベル)】
【組込みソフトウェア技術者試験クラス2(エントリレベル)】
実施日程
随時
申込期間
随時お申込みいただけます。
申込URL
https://www.jasa.or.jp/
申込方法
インターネット申し込み
コールセンター
受験料
【クラス1】20,000円
【クラス2】15,000円(各税抜)
支払方法
・クレジットカード
・現金(口座振込)
・受験チケット
受験資格
【クラス1】
ETEC組込みソフトウェア技術者試験クラス2を「500点」取得済みであること

【クラス2】
どなたでも受験できます。
試験会場
全国のピアソンVUE認定テストセンター
試験時間
【クラス1】120分
【クラス2】90分
試験方法
コンピュータ試験(CBT方式)
問題数
【クラス1】90問
【クラス2】120問
出題範囲
【クラス1】
”中級技術者”として、次の3点を評価します。
1.要求、設計工程、それに対応するテスト工程における知識から分析能力までの総合力
2.現場リーダとして不可欠な、実装、QCD等の知識・能力
3.実装の実務能力

【クラス2】
上級者の指導のもとにプログラミング作業を行える技術者に必要とされる知識を問います。
大学・専門学校の組込みソフトウェア教育を受けている学生、卒業生、プログラミング経験がなく入社し、社内教育などで育成された組込みソフトウェア・プログラマなど、エントリレベルの技術者が修得していなければならない知識が出題されます。
合否基準
【クラス1】
合否判定はありません。
出題分野の正答率から、一定以上の能力があると判断された場合に、上位からグレードA~Cで評価されます。

【クラス2】
合否判定はなく、スコア方式(800点満点)で評価。
上位からグレードA~Cの3段階があります。
出題分野ごとの正答率を評価します。(4分野11項目)
結果発表
試験終了後、すぐにご確認いただけます。

試験主催者

一般社団法人 組込みシステム技術協会
URL: http://www.jasa.or.jp/TOP/etec/inquiry/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2022年6月10日更新

試験の紹介と説明

  • 組込みシステムとは? 組込みシステムについてご説明いたします。 JASA組込みシステム技術協会


関連する記事はまだありません。


関連する記事はまだありません。
皆さまの投稿をお待ちしております。


    関連するQ&Aはまだありません。
    皆さまの投稿をお待ちしております。