日本の資格・検定

投稿記事

秋といえば「漢字文化理解力検定」!!

あび/漢検1級YouTuber

体験談 #おすすめしかけん #諸橋検定 #漢字文化理解力検定

こんにちは!漢検1級リピーターのあびです!

今月の投稿テーマ「秋におススメの資格・検定」ということで僕は

諸橋徹次記念 漢字文化理解力検定


をおすすめしたいと思います!略して諸橋検定です。

まず、名前が冠されている「諸橋徹次(もろはしてつじ)」さんは、日本最大の漢和辞典『大漢和辞典』を編纂したことで知られる漢字学者です。

↑『大漢和辞典』(全15巻で日本最大の漢和辞典)

諸橋検定は、諸橋徹次記念館が主催する検定試験で、漢字の読み書きや部首などのいわゆる漢字問題に加え、故事成語の由来や中国古典についてなど、文化に関する問題も出題されます。。

認定級は全員が同じ試験を受けて点数によって級が変わる方式で、参段~四級に分かれています。皆で同じ問題を解くので、会場では親子でそろって挑戦されている方も見かけました。問題のレベルも簡単なものから難しいものまでバランスよく配置されているので、お子さんが受けても「1問も解けない!」ということは無いようにできています。

​なぜ秋におすすめなのか

さて、なぜこの検定が秋におすすめなのかというと、シンプルに年1回秋の時期にしか実施されないからです笑

例年9月の下旬から10月の上旬で行われ、今年(2022)は10月2日に行われました。(今年はもう終わってしまったので挑戦するなら来年です!)

この検定を主催している諸橋徹次記念館は新潟県三条市にあるのですが、受験者はこの新潟の記念館か、東京に設置される臨時の会場に行く必要があります。なので新潟、東京以外にお住まいの方にとってはちょっと受験ハードルが高いのが難点ですね。

反対に嬉しいポイントとしては、新潟県三条市が町ぐるみ(?)となって運営しているので、良い成績をとると副賞としてお米(!)や市の名産品をいただくことができます笑

↓去年僕は最年少段位者だったのでいろいろな副賞をいただきました!


ぜひ、来年の秋は諸橋検定を受験してみてはいかがでしょうか?気になる方は公式HPで過去問がすべて公開されているので覗いてみてください。問題作成班がかなり豪華で、現役の漢字学者さんや著名な研究者さんが担当しているので見る価値ありですよ~


ちなみに僕は今年、はるばる新潟県三条市まで行って受験してきました!!!受験の様子や結果については近日YouTubeで公開する予定です!そちらもよろしくお願いします~


関連リンク

諸橋徹次記念 漢字文化理解力検定

あび/漢検1級YouTubr


漢検1級、日本語検定1級リピーターの大学生です!
YouTubeにて合格法や漢字1級の世界を公開しています!
「漢検1級」で検索すると出てきますので、是非見に来てください〜
URLはこちら↓
https://youtube.com/channel/UCktBGQgnbUqrjfgOtxd07hA

職業:
学生
保持資格:
日本漢字能力検定1級
日本語検定1級
漢字文化理解力検定初段
漢字教育士
取りたい資格:
漢字文化理解力検定三段

フォローする