日本の資格・検定

読みもの

パリ五輪の大舞台は緊張する?五十嵐 カノア流プレッシャー克服術!【気になるあの人を深堀り】

インタビュー

パリ五輪の大舞台は緊張する?五十嵐 カノア流プレッシャー克服術!【気になるあの人を深堀り】

【気になるあの人を深堀り~五十嵐 カノア編~】
パリ五輪出場権を獲得する一方で、ハーバード大学の経営大学院であるハーバードビジネススクールで勉学にも励むプロサーファーの五十嵐 カノア選手。

アスリートと大学院生の二刀流を叶えるカノア選手の考え方や習慣を探る。

緊張で上がってしまい、試験本番で実力を出しきれなかった経験がないだろうか。

平常心とまではいかなくても、大事な局面で気持ちを安定させられるよう、メンタルコントロールはとても重要。

数々の大会に出場し、東京五輪では銀メダルを獲得したプロサーファーの五十嵐 カノア選手は、大舞台でのプレッシャーといかに戦っているのか。

パリ五輪も控える彼に、メンタルコントロール法を聞いた。

お話を伺ったのは……

五十嵐 カノアさん
1997年生まれ。カリフォルニア州ハンティントンビーチで父親のサーフィン姿を毎日眺めて育つ。木下グループ所属。3歳でサーフィンをはじめ、2016年史上最年少、アジア人で初めてプロサーフィンの最高峰WSLチャンピオンシップに参戦。2021年東京オリンピックで銀メダルを獲得。2023年アジア最上位枠を獲得し、パリ五輪出場権を獲得。

この記事の連載
第1回【多忙でも1日4時間勉強する時間術】……公開中
第2回【5カ国語習得の秘訣】……公開中
第3回【時間を無駄にしない秘訣とは】……公開中
第4回【カノア流プレッシャー克服術】……今回はコチラ
第5回【オリンピアン&ハーバード学生の朝食】……公開中


セルフトークでメンタルをコントロール

「五輪に出場する前は、ただの大会の1つと思っていたんですけど、甘かったですね。

オリンピックのオーラとエネルギーはスゴくて、普通の大会とは違うプレッシャーを感じましたし、そのプレッシャーをいかにエネルギーに変えるかということを学びました」(五十嵐 カノアさん。以下同)。

大きなプレッシャーの中、東京五輪でつかんだ銀メダル。カノア選手はどのようにプレッシャーに打ち勝ったのか。

「まずは相手のことを考えず、自分のことに集中するのが、一番落ち着く方法じゃないかと思います。

それと、自分は練習と準備を積んできて、ここまで来れているのだから、自分を信じることだと、セルフトークのような感じで自分に言い聞かせています

それでもやっぱりプレッシャーは感じますけど、どうにかしてリラックスをするようにしていますね」。

安心できる環境づくりも大切!

リラックスをするためには、いつも通りのルーティーンを心掛ける、というのもカノア選手が大切にしていること

遠征先ではなるべく同じ宿に泊まったり、日本食を持って行ったりしているという。

「どんなスポーツでも、家から近い大会はやりやすいって、皆言うんですよね。

だからどこに行っても、ホームだというフィーリングを作れるようにしています」。


大切な試験の前に、自分が落ち着ける環境を準備しておくことも大切。どうすればリラックスできるのかを見つけておきたい。

この記事の連載
第1回【多忙でも1日4時間勉強する時間術】……公開中
第2回【5カ国語習得の秘訣】……公開中
第3回【時間を無駄にしない秘訣とは】……公開中
第4回【カノア流プレッシャー克服術】……今回はコチラ
第5回【オリンピアン&ハーバード学生の朝食】……公開中

撮影=佐野 美樹
取材・文=林田 順子

人気記事ランキング

関連記事