調理師

調理師は、適切な調理法、食品の衛生管理、食材の栄養など料理における幅広い知識や技術を持っていることを証明できる資格です。飲食店やホテル、病院など、多くのフィールドで活躍することができ、料理を提供する業務を行なう上での基本的な資格と考えて良いでしょう。

基本情報INFORMATION

実施日程
例年1~2回
※各都道府県によって異なります。
受験料
各都道府県によって異なります。
受験資格
下記の学歴と職歴の条件を満たしている必要があります。

〔学歴〕
①中学校卒業以上の者
②各種学校として認可されている外国人学校等修了者で、上記①と同等以上の学力を有すると厚生労働大臣が認定した者

〔職歴〕
理師法施行規則第4条に定める次の施設で2年以上調理業務に従事した者
①飲食店営業(旅館、簡易宿泊所を含む)
②魚介類販売業(販売のみは除く)
③そうざい製造業(煮物・焼物・揚げ物・蒸し物・酢の物又は和え物を製造する営業)
④学校、病院、寮等の給食施設(継続して1回20食以上、または1日50食以上調理している施設)
試験会場
各都道府県
試験方法
筆記試験(マークシート方式)
出題範囲
①公衆衛生学
②食品学
③栄養学
④食品衛生学
⑤調理理論
⑥食文化概論
合否基準
原則として全科目の合計得点が満点の6割以上
※1科目でも得点が当該科目の平均点を著しく下回る場合は不合格とします。
備考
調理師の資格を取得するには、次のニつの方法があります。

■調理師試験に合格し、免許を申請、取得する。
■調理師養成施設を卒業し、免許を申請、取得する。

お問い合わせ先 各都道府県 調理師試験担当課

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年5月21日 更新