建築施工管理技士

建築施工管理技士は、建築物が設計どおりに施工されるように、施工計画を立てて品質・原価・工程・安全・環境面の管理を的確に行うための資格です。建築現場のディレクターとして、一般・特殊建設業の営業所に必要な人材の一つです。

基本情報INFORMATION

試験級
【1級】
【2級】
実施日程
【1級】
〔学科〕6月の第2日曜日
〔実地〕10月の第3日曜日
【2級】
〔学科・実地〕11月の第2日曜日
〔学科のみ〕
前期:6月の第2日曜日
後期:11月の第2日曜日
〔実地のみ〕11月の第2日曜日

<2019年度>
【1級】
〔学科〕2019年6月9日(日)
〔実地〕2019年10月20日(日)
【2級】
〔学科・実地〕2019年11月10日(日)
〔学科のみ〕後期:2019年11月10日(日)
〔実地のみ〕2019年11月10日(日)
申込期間
【1級】2月上旬~下旬
【2級】
〔学科・実地〕7月中旬~下旬
〔学科のみ〕
前期:3月上旬~下旬
後期:7月中旬~下旬
〔実地のみ〕7月中旬~下旬

<2019年度>
【2級】
〔学科・実地〕2019年7月5日(金)~2019年7月19日(金)
〔学科のみ〕後期:2019年7月5日(金)~7月19日(金)
受験料
【1級】
〔学科〕9,400円
〔実地〕9,400円
【2級】
〔学科・実地〕 9,400円
〔学科・実務のみ〕各4,700円
受験資格
学歴・資格に応じて以下の所定の実務経験を有する者
【1級】
下記の年数には指導監督的実務経験年数を1年以上含むことが必要
①大学指定学科卒業者は3年以上
②短大・高専指定学科卒業者は5年以上
③高校指定学科卒業者は10年以上
④その他の者は15年以上
⑤2級技術検定合格者で合格後5年以上 ほか 

【2級】
①大学指定学科卒業者は1年以上
②短大・高専指定学科卒業者は2年以上
③高校指定学科卒業者は3年以上
④その他の者は8年以上 ほか
※17歳以上ならどなたでも学科試験のみ受験できます。
試験会場
札幌・仙台・東京・新潟・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・沖縄 ほか
試験方法
学科試験(択一式)+実地試験(記述式)
出題範囲
【1級】
〔学科〕建築学等、施工管理法、法規
〔実地〕施工管理法

【2級】
〔学科〕
建築学等、施工管理法、法規
〔実地〕
①建築:施工管理法
②躯体:躯体施工管理法
③仕上げ:仕上施工管理法

お問い合わせ先 一般財団法人 建築業振興基金 試験研修本部
URL: http://www.fcip-shiken.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2019年7月16日 更新