水先人

水先人は、船舶が安全かつ効率的に入港できるように進路を導く専門家です。衝突などの事故が起きやすい危険な水域を航行する際は、その水域に精通した水先人が航行計画や港の特徴・状況を船長に説明し、目的地までの航路をサポートする、という重要な職務を担っています。

試験級
【1級】
【2級】
【3級】
実施日程
年1回
受験料
筆記試験: 6,500円
口述試験: 16,300円
受験資格
【1級】
①3級海技士 (航海) またはこれより上位の資格免許取得者
②沿海以遠の乗船履歴で船長として総トン数3,000gt以上の船舶への2年以上の乗船経験がある者
③2級水先人として2年以上の実務経験を積んだ者

【2級】
①3級海技士 (航海) またはこれより上位の資格免許取得者
②沿海以遠の乗船履歴で総トン数3,000t以上の船舶で、2年以上一等航海士以上として乗船経験がある者
③3級水先人として2年以上従事した者

【3級】
①3級海技士 (航海) またはこれより上位の資格免許取得者
②総トン数1,000t以上の船舶への1年以上航海士以上または実習での乗船経験がある者
試験会場
受験水先区を管轄する地方運輸局の所在地
試験方法
筆記試験+口述試験
出題範囲
①身体検査
②学術試験
・筆記試験
・口述試験
備考
《水先業務を行える船舶の大きさ》
【1級】制限なし
【2級】上限5万トンまでの船舶、但し危険物積載船は上限2万総トンまで
【3級】上限2万トンまでの船舶、但し危険物積載船は不可

お問い合わせ先 国土交通省 海事局 海技課水先係
URL: http://www.mlit.go.jp/maritime/shikaku/mizusaki2/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年8月27日 更新