裁判所職員一般職

裁判所職員一般職は、裁判所で各種裁判事務や一般事務に従事する裁判所職員です。一般職試験では、的確な事務処理能力を有するかどうかが重視されており、適正かつ迅速な裁判をサポートすることが職務となります。

受験資格
【大卒程度区分】
①試験実施年4月1日現在、21歳以上30歳未満の者
②試験実施年4月1日現在、21歳未満で、大学を卒業した者および3月までに卒業見込みの者、ならびに最高裁がこれらと同等の資格があると認める者
③試験実施年4月1日現在、21歳未満で、短大または高等専門学校を卒業した者および3月までに卒業見込みの者、ならびに最高裁がこれらと同等の資格があると認める者

【高卒者区分】
①試験実施年4月1日現在、高校または中等教育学校を卒業した日の翌日から起算して2年を経過していない者、および3月までに卒業見込みの者
②最高裁が①に準ずると認める者 (中学卒業後2年以上5年未満の者も含む)
試験会場
全国主要都市
出題範囲
【大卒程度区分】
〔第1次試験〕
①基礎能力試験
②専門試験

〔第2次試験〕
①論文試験
②専門試験
③人物試験


【高卒者区分】
〔第1次試験〕
①基礎能力試験
②作文試験

〔第2次試験〕
 人物試験

お問い合わせ先 最高裁判所 事務総局人事局 任用課試験第二係
URL: http://www.courts.go.jp/saiyo/index2.html

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2016年10月6日 更新