日本の資格・検定

資格・検定

LPIC

LPICは、OSの一種であるLinuxに関する知識と技術力を認定するもので、国際的にも通用する試験です。Linuxの適用範囲が増え続けている背景もあって、多くの企業が推奨している試験の一つでもあります。転職やキャリアップにも有利な試験であり、資格手当の対象としている企業もあります。


受験者の声を投稿する

受験者の声とは

試験級
〔LPIC-3 300:Linux Enterprise Professional混在環境〕
〔LPIC-3 303:Linux Enterprise Professionalセキュリティ〕
〔LPIC-3 304:Linux Enterprise Professional仮想化とハイアベイラビリティ〕

〔LPIC-2認定Linuxアドミニストレーター〕
〔LPIC-1認定Linuxアドミニストレーター〕
実施日程
随時
申込URL
https://www.lpi.org/ja/our-certifications/summary-of-certifications
受験料
LPIC-1およびLPIC-2(101-500、102-500、201-450、202-450) 15,000円
LPIC-3 (304-200, 300-100, 303-200) 15,000円
受験資格
どなたでも受験できます。
認定には下位資格の認定が必要になります。
試験会場
全国のピアソンVUEのテストセンター
試験時間
各90分
試験方法
コンピュータ試験(CBT方式)
問題数
60問
結果発表
試験終了後、すぐに確認できます。
資格の更新
有効期間は5年です。

試験主催者

Linux Professional institute 日本支部
URL: https://www.lpi.org/ja/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2022年5月20日更新


関連する記事はまだありません。
皆さまの投稿をお待ちしております。


    関連するQ&Aはまだありません。
    皆さまの投稿をお待ちしております。