日本の資格・検定

資格・検定

日本農業技術検定

日本農業技術検定は、新しく農業を始めたい人や農業法人、関連企業等への就職をめざす学生や社会人向けの検定です。農業の知識・技術水準を客観的に評価して、教育研修効果を高めることを目的としています。農業に関心があり、新規就農や農協、行政・団体、食品などの関連企業に就職をめざす方の自己PR、就業者のスキルアップに役立つ検定資格です。

コチラもおススメ

試験方法
【1・2級】学科試験(マークシート方式)+実技試験
【3級】学科試験(マークシート方式)
実施日程
〔学科〕年2回 ※1級は第2回のみ実施
〔実技〕年1回

<2024年度>
【第1回】2024年7月6日(土)
申込期間
試験実施日の約1か月前まで

<2024年度>
【第1回】2024年4月25日(火)~5月31日(金)
公式URL
https://www.nca.or.jp/

コチラもおススメ

受験の口コミ・体験談 (0件)

edit受験の口コミ・体験談を書く

関連する記事

試験級
【1級】
【2級】
【3級】
申込URL
https://www.nca.or.jp/support/general/kentei/index.html
申込方法
原則WEB申込
受検料
【1級】(一般受験料、税込。以下同様)
〔学科〕5,240円
〔実技〕5,240円

【2級】
〔学科〕4,190円
〔実技〕15,710円

【3級】
〔学科〕3,140円
支払方法
銀行振込(申込者ごとに口座番号を指定)
受検資格・対象者
〔学科〕どなたでも受験できます
〔実技〕学科試験に合格した方
試験会場
東京、大阪など主要都市の指定会場(一般受験)
試験時間
〔学科〕
【1級】90分
【2級】60分
【3級】40分

〔実技〕
【1級】90分
難易度
【1級】農業の高度な知識・技術を習得している実践レベル
【2級】農作物の栽培管理等が可能な基本レベル
【3級】農作業の意味が理解できる入門レベル
出題範囲
【1級】
〔学科〕60問(5者択一)
①共通:農業一般(20問)
②選択:作物、野菜、花き、果樹、畜産、食品 から1科目選択(40問)
〔実技〕
基礎的確認事項(機械操作技術)と専門科目(栽培・飼養技術)から1科目選択する要素試験(ペーパーテスト)

【2級】
〔学科〕50問(5者択一)
①共通:農業一般(10問)
②選択:作物、野菜、花き、果樹、畜産、食品 から1科目選択(40問)
〔実技〕
協会が定めた基準に基づく実地研修を修了する
※農業高校、農業大学校など、すでに2級実技水準に相当する内容を授業で実施している場合は、実技試験は免除される

【3級】
〔学科〕50問(4者択一)
①共通:農業基礎(30問)
②選択:栽培系、畜産系、食品系、環境系から1科目選択(20問)
合否基準
【1級】
〔学科〕120点満点中原則70%以上
〔実技〕7割を基準として合否を判定する。

【2級】
〔学科〕100点満点中原則70%以上
〔実技〕基本操作7割、安全操作8割を基準として合否を判定する。

【3級】100点満点中原則60%以上

試験主催者

日本農業技術検定協会 (事務局: 全国農業会議所)
URL: https://www.nca.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2024年5月21日更新