日本の資格・検定

公式記事

どんな資格が人気?資格取得の決め手は? 1300人へのアンケートで見えた資格取得の背景

学習ノウハウ #就職転職 #アンケート #資格・検定に関するアンケート2021

どんな資格が人気?資格取得の決め手は? 1300人へのアンケートで見えた資格取得の背景
「日本の資格・検定」では、資格・検定に関するアンケートキャンペーンを実施。アンケート結果を全5回の記事にしてお届けします!
第1回目は、取得者が多かった人気の資格や、資格取得にチャレンジするまでの背景をご紹介。ぜひ最後までご覧ください。

取得者が多い資格・検定をランキングでご紹介!

取得していた回答者が最も多かった資格は普通自動車運転免許でした。回答者全体の半数以上が取得しており、他の資格を引き離して1位となっています。

また、英検、漢検に続き4位に入ったのは日商簿記検定。

回答者からは、「転職で活用できる」「学歴や実務経験の制限がなく受験しやすい」などの声が挙げられたほか、2020年からはCBT方式の試験が始まったことにより全国のテストセンターで随時受験できるなど、コロナ禍における受験のハードルが下がったことも人気の理由のようです。

IT関連の資格については、9位にはMOS、10位にはITパスポート試験が入り、業界・業種を超えてITスキルのニーズが高まっていることがうかがえます。


資格取得と「人生の転換点」は切り離せない?

「資格・検定の取得を目指す理由は何ですか(複数回答)」という質問では、回答者全体の48.9%が「進学・就職・転職のため」と答え、最も票が集まる結果となりました。

さらに「資格・検定を取得するメリットは何だと思いますか(複数回答)」という質問に対しても、回答者全体の55.0%が「進学・就職・転職に役立つから」を選択し、2番目に多く票を集めています。

これらのデータから、多くの方が資格取得の先に進学・就職・転職という人生の転換点を見据えており、資格取得と人生の新しいステップは切っても切れない関係にあるということがうかがえます。


資格選びのポイントは「スキルアップに役立つ」こと!

「受験する資格・検定を決める際、判断材料にするのは何ですか(複数回答)」という質問では、「進学・就職・転職で有利になる(回答者の52.0%)」を抑えて「スキルアップに役立つ(回答者の62.9%)」が1位となりました。

その一方、金融系や医療福祉系の専門職に就く60%近くの回答者は「昇給や昇格につながる」を選択しています。これは他の職業の回答者の数値よりも高く、業界・業種ごとの資格取得事情も垣間見ることができました。


COLUMN:若い世代が車離れ?年代別の普通自動車運転免許取得率

昨今、若い世代が「車離れ」しているとも言われていますが、普通自動車運転免許の取得率※は年代が異なっても大きく変わらないという結果になりました。

※普通自動車運転免許の取得資格を持たない16歳以下が含まれるため、19歳以下を選択した回答者は除いています。

若い世代の車離れは必ずしも「運転免許離れ」ではなく、そもそも車への関心が薄い、経済的に車を持つ選択をできない、交通網の発達から車を持つ必要性がないなど、「車」を持たない選択をする方が増えた結果なのかもしれません。


次回はアンケートで分かった資格勉強の方法や勉強時間を解説します。お楽しみに!

アンケート回答者の基本データ

募集方法:インターネット
募集期間:2021年7月7日~8月16日
回答総数:1308件

日本の資格・検定

人気記事ランキング