応用情報技術者

応用情報技術者は、ITエンジニアとして、応用レベルの知識・技能を有していることを証明する国家資格です。IT知識だけでなく、マネジメントやストラテジーの観点についても一定水準の知識を持っていることを証明できるので、就職・転職に役立つのはもちろんのこと、社会的評価の高い資格です。

1年以内に受験

過去問で見た問題も少しあったのですが、あと一歩足りず不合格でした。時間も足りないし焦るし、もう大変でした。まだ受験には早かったのかもしれないです。(特に午後の試験)

基本情報INFORMATION

実施日程
春期: 4月の第3日曜日
秋期: 10月の第3日曜日

<2019年度春期試験>
2019年4月21日(日)
申込期間
<2019年度春期試験>
・インターネット:2019年1月10日(木)~2月18日(月)
・郵送:2019年1月10日(木)~2月7日(木)消印有効
受験料
5,700円(各税込)
受験資格
誰でも受験できる
試験会場
全国主要都市
試験時間
四肢択一の多肢選択式:150分
記述式:150分
出題範囲
出題範囲は、テクノロジ (技術) 系、マネジメント (管理) 系、ストラテジ (戦略) 系の各分野を幅広くカバー

①四肢択一の多肢選択式
<テクノロジー系>
基礎理論、コンピュータシステム、技術要素、開発技術

<マネジメン卜系>
プロジェクトマネジメント、サービスマネジメント

<ストラテジ系>
システム戦略、経営戦略、企業と法務

②多肢選択式
・経営戦略に関すること
・情報戦略に関すること
・戦略立案、コンサルティングの技法に関すること
・システムアーキテクチャに関すること
・サービスマネジメントに関すること
・プロジェクトマネジメントに関すること ほか

お問い合わせ先 独立行政法人 情報処理推進機構 
情報処理技術者試験センター
URL:http://www.jitec.ipa.go.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年10月29日 更新