学びのメディア「日本の資格・検定」

読みもの

経理・事務職のリスキリングに役立つ資格3選!IT系知識を掛け合わせてスキルアップ【はやしかく】

資格・検定まとめ

経理・事務職のリスキリングに役立つ資格3選!IT系知識を掛け合わせてスキルアップ【はやしかく】

企業における人材戦略として注目されるリスキリング。

「連載はやしかく」では、リスキリングに役立つ資格・検定を職種別に紹介しています。

前回は営業職のリスキリングに役立つ資格・検定をお届け。第2回目は経理・事務職にフィーチャーしていきます。

さて、経理や事務職といえば、企業を下支えする重要なお仕事ですよね。

「バックオフィス」なんて呼ばれたりもしますが、スムーズに仕事ができるのは経理・事務職の皆さんのおかげ。

すでにプロフェッショナルな仕事だと断言してもいいくらいですが、よりレベルアップするには、どのような資格・検定があるのでしょうか?

経理・事務職の皆さんに向けて、リスキリングに最適な資格・検定を3つピックアップしました。

第1回【営業職のリスキリングに役立つ資格3選】……公開中
第2回【経理・事務職のリスキリングに役立つ資格3選】……今回はコチラ
第3回【マーケティング職のリスキリングに最適な資格3選】……公開中

①情報セキュリティマネジメント試験


まずご紹介するのは、国家試験の「情報セキュリティマネジメント試験」。

「情報セキュリティマネジメント試験」は、情報セキュリティマネジメントの計画・運用・評価・改善を通して組織の情報セキュリティ確保に貢献し、サイバー攻撃などの脅威から継続的に組織を守るための基本的なスキルを認定する試験とされています。

業種・職種を問わず、また、営業・企画・製造・総務・人事・経理などの部門も限定されず、多くの現場で今後一層必要になるのが、情報セキュリティの知識を身につけた人材です。

ITの専門用語とかよく分からない……と思う方もいるかもしれませんが、心配ありません!

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)のホームページより引用 https://www.ipa.go.jp/shiken/kubun/sg/about.html

というのも、「情報セキュリティマネジメント試験」は、高度な知識や技能を要する情報処理技術者(上図参照)に必要な試験とは違い、“ITを利活用する”側に位置づけられており、ITと安心して付き合うための基本知識を身に付けることが目的だからです。

情報セキュリティマネジメントのスペシャリストとして、正しいIT知識をもつことは、所属する企業や部署に新システムやソフトを導入する際にも役立つことでしょう。

また、情報セキュリティに精通していることでシステム部とのやり取りがスムーズに進み、業務の幅が広がる可能性もあります。重大なシステム障害から企業を守る一員になれるかもしれませんね。

それでもITの基礎知識に不安がある方は、まず「ITパスポート試験」を受験し、その後、「情報セキュリティマネジメント試験」へ進むのがおススメです。

更にステップアップしたい方は、基本情報技術者に必要な試験へと進むことで、IT業界への転職のきっかけに……!なんて、目標が広がるかもしれません。

なお、「情報セキュリティマネジメント試験」「ITパスポート試験」「基本情報技術者試験」はいずれもCBT試験で通年受験することが可能です。自分のペースで勉強と受験ができ、非常に便利!

ITリテラシーに関する知識は、どんなジャンルの経理・事務職にも役立つはずです。

②ビジネス実務法務検定試験®


次にご紹介するのは、「ビジネス実務法務検定試験®」。

法務部門に限らず営業、販売、総務、人事などあらゆる職種において、法律を無視して業務を進めるわけにはいきませんよね。

職種や業種関係なく、ビジネスを進める上で、必要不可欠な法律知識を習得できるのが「ビジネス実務法務検定試験®」です。

コンプライアンス(法律順守)の意識を高めることは、自分を守る知識を蓄えることにも繋がります。そう考えると、勉強しておいて損はないと思いませんか?

試験は3級から1級までの3段階で実施されていますが、まずはビジネスパーソンとしての基本を確認する3級を取得してから、ステップアップしていくと良いでしょう。

3級と2級は、専門的な知識がなくても公式テキスト等の学習を通じて、十分に合格することが可能です。

ただ1級は論述形式で合計3時間もの試験が行われることからも想像できるように、非常に難しくなっています。法律をしっかり学んで仕事に活かしたいという方にはおススメですが、じっくり向き合う必要があります。

3級と2級は、年2回の開催期間中に好きな会場で受験できるCBT試験か、自宅や会社等で受験できるIBT試験のふたつの試験方法から選べるのもポイント。

他の法律系資格試験と重複する科目も多いので、これから法律系資格取得を目指される方の第一歩としても適しています。

③知的財産管理技能検定


最後にご紹介するのは、国家試験である「知的財産管理技能検定」です。

「ビジネス実務法務検定試験®」が法律等のコンプライアンスを対象とするのに対して、知的財産分野に特化したのが「知的財産管理技能検定」。

難しく感じられるかもしれませんが、Webページや本に書かれた内容は著作物、著名なブランドや商品の名称は商標といったように、知的財産は私達の仕事や暮らしに密接な関係があるものなのです。

例えば、資料作成の際にインターネットから拾ってきた画像やイラストを利用する場面で、知的財産について意識したことはありますか?

知的財産について正しい知識を持つことは、著作権侵害などのトラブルを未然に回避することに繋がります。

また、検定合格者(知的財産管理技能士)向けのホームページには知的財産管理技能士を対象とした求人情報も掲載されており、これから転職を考えている方の役に立つことでしょう。

試験は3級から1級までの3段階で実施。知的財産管理の実務経験がない方は、初歩の3級からステップアップするのが確実です。

なお、「知的財産管理技能検定」は3級から1級までのすべてで学科と実技の2種類の試験を受ける必要があります。3級の合格基準が満点の70%以上、2級の合格基準は満点の80%以上になるので、精度を高めた勉強を心掛けましょう。

デジタル化が進み、簡単にデータがコピーできるようになっていますが、知らぬ間に他人の知的財産に関する権利を侵害しているかもしれません。また、自社のブランドや著作物を守るためにも、知的財産に関する知識は重要性が増しています。一歩進んだコンプライアンスとして、学習してみてはいかがでしょうか。



簿記等のように従来から推奨されている資格・検定は、経理・事務職のリスキリングにもちろん有効ですが、これから必要になっていくような分野、また、興味や得意分野を組み合わせることで、より強みをアピールできるようになります。

少し先のことをイメージして、自分なりのリスキリングに励んでみてくださいね。

◆経理関連の資格・検定一覧

「日商簿記検定」、「ビジネス会計検定試験®」など。
>>こちらからどうぞ!
https://jpsk.jp/examinations/genre/finance.html

◆事務関連の資格・検定一覧

「秘書検定」、「人事総務検定」など。
>>こちらからどうぞ!
https://jpsk.jp/examinations/genre/office.html

第1回【営業職のリスキリングに役立つ資格3選】……公開中
第2回【経理・事務職のリスキリングに役立つ資格3選】……今回はコチラ
第3回【マーケティング職のリスキリングに最適な資格3選】……公開中


文=林 雄次

人気記事ランキング

関連記事