ブライダルプランナー検定

この検定は、ブライダルプランナーに求められる知識と能力を認定するものです。試験では日本の結婚式だけでなく、欧米の結婚式についても問われます。ウェディング業界で働く人にとって非常に有効な民間資格で、ブライダル業界で活躍したい人には役立つ資格の一つといえます。

新型コロナウイルス感染拡大による資格・検定の中止・延期情報はこちら。
※試験・講座の情報が変更されている場合があるため、最新情報は必ず各資格・検定公式ページをご確認ください。

基本情報INFORMATION

試験級
【1級】
【2級】
実施日程
【1級】夏期: 7月 春期: 3月
【2級】秋期: 9月 冬期: 1月

2020年度
<冬期1級> 2021年1月17日(日)
<春期2級> 2021年3月14日(日)
申込期間
2020年度
<冬期1級> 2020年10月19日(月)~11月25日(水)
<春期2級> 2021年1月6日(水)~2月9日(火)
申込方法
郵送またはインターネット申し込み
受験料
【1級】15,300円
【2級】10,250円(各税込)
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
札幌・仙台・宇都宮・大宮・千葉・東京・横浜・新潟・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・奈良・和歌山・岡山・広島・山口・高松・愛媛・福岡・長崎・熊本・鹿児島・沖縄(予定)
試験時間
【1級】120分
【2級】90分
試験方法
【1級】マークシート方式、一部記述式
【2級】マークシート方式
問題数
【1級】マークシート問題 23問、記述問題 2問
【2級】マークシート問題 25問
出題範囲
【1級】 
①コーディネート知識、見積もり作成、打合わせなどのプランニング能力
②欧米ウェディングの流れや各人の役割、各宗教に根付いた進行や慣習
③業界で求められる人材像としての接客応対と言葉遣い
※試験問題例も合わせてご覧ください。

【2級】 
①日本における各挙式の基礎知識、衣装・フラワー等各関連業務の知識
②欧米でのリハーサルウェディングからセレモニー、レセプションまでの流れ
③欧米のウェディングパーティー各人の役割や欧米プランナーの業務の知識
※試験問題例も合わせてご覧ください。
合否基準
原則として正答率7割以上
ただし、問題の難易度等により合格ラインは毎回変動します。

お問い合わせ先 ABC協会認定 ブライダルプランナー検定事務局
URL: http://www.bridalplanner.jp

※2019年10月1日からの消費税率の変更に伴い、受験料・受講料等において金額に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2020年10月16日 更新