公認会計士

公認会計士は、「会計」に携わる資格の中で最高峰の資格と言われています。会計・経営・税務のプロとして、独占業務である監査業務はもちろん、税務業務、コンサルティング業務等、仕事は多岐にわたるため、幅広い分野で活躍できることが魅力です。

基本情報INFORMATION

実施日程
【短答式試験】年2回(第Ⅰ回:12月上旬、第Ⅱ回:5月下旬)
【論文式試験】年1回(8月中下旬)
受験料
19,500円
支払方法
収入印紙
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
北海道、宮城、東京、石川、愛知、大阪、広島、香川、福岡、熊本、沖縄
試験時間
【短答式試験】
①財務会計論: 120分
②管理会計論: 60分
③監査論 : 60分
④企業法: 60分

【論文式試験】
①会計学: 300分
②監査論: 120分
③企業法: 120分
④租税法: 120分
⑥経済学: 120分
⑦民法: 120分
⑧統計学: 120分
出題範囲
【短答式】
 ①財務会計論 ②管理会計論
 ③監査論   ④企業法

【論文式】
■必須科目
 ①会計学 ②監査論
 ③企業法 ④租税法

■選択科目(4科目の中から1科目選択)
 ⑤経営学 ⑥経済学
 ⑦民法  ⑧統計学

お問い合わせ先 公認会計士・監査審査会事務局 総務試験室試験係
URL: http://www.fsa.go.jp/cpaaob/index.html

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年5月18日 更新