日本の資格・検定

公式記事

経理職におススメの資格・検定9選!経理の転職・スキルアップに必要な資格・検定とは?

資格・検定まとめ #ファイナンス・お金 #士業 #ビジネス #日商簿記検定 #FP

経理職におススメの資格・検定9選!経理の転職・スキルアップに必要な資格・検定とは?
経理職は、コロナ禍でも男女ともに人気のある職種です。「経理職に就きたい!」と思っている方も多いのではないでしょうか。
今回は経理職の転職・スキルアップを目指せる資格・検定を編集部が厳選してご紹介します。未経験の方からすでに経理職として活躍されている方まで、ぜひ最後までご覧ください!

そもそも経理とはどんな仕事? 

経理とは会社のお金の管理を行う事務系の仕事で、経費の精算や預金管理などを行います。

企業ごとに経理担当者の業務は異なりますが、会社経営には必ずお金の流れが発生するため、それらを正確に管理する経理は不可欠な職種です。

また、お金を扱う仕事には会計と財務もあります。会計は経理の仕事と似ており、企業のお金の全体像を把握して社内外の利害関係者への説明資料の作成に携わることが多いです。一方で財務は、会計・経理とは違い、日々のお金の流れを記録するのではなく、会計が作成した資料をもとに資金調達を行ったり今後の事業戦略を考えたりします。

経理職の転職に資格・検定は必要?

お話を聞いたのはこの人:「資格de就職」の転職エージェントOさん

経理職になるために資格・検定は必須ではありませんが、持っているとかなり有利になります。経理職は専門的な職種なので、一定の知識が身に付いていることを客観的に証明されている資格保有者は企業から優遇されやすいのです。企業によっては、資格を取得していることが採用条件や昇給・昇進の要件になる場合もあります。

1.幅広く使える会計の基礎知識!日商簿記検定

簿記とは、日々の経営活動によるお金の取引を記録し、一定の期間ごとの決算を最終的に決算書にまとめる方法を指します。簿記の知識は企業規模の大小や業種・業態を問わずに幅広く使えるため、多方面でのスキルアップを目指す方におススメできます。0から経理職を目指す方には3級、転職時にスキルを証明したい方は2級以上の取得を目指しましょう。

また、公認会計士や税理士などの国家資格を目指す方や他の資格・検定と組み合わせてスキルアップを考えている人は、日商簿記検定の最高峰である1級に挑戦してみましょう。日商簿記検定1級の取得は税理士試験の受験資格の1つなので、税理士試験の登竜門として受験する価値もあります。

日商簿記検定の受験レポートはこちら

試験情報

受験料:2,200円(原価計算初級・簿記初級)から7,850円(1級) 
受験資格:どなたでも受験できます。
試験方法:CBT方式(2級・3級・簿記初級・原価計算初級)/筆記試験(1級・2級・3級)

日商簿記検定の公式サイトはこちら

2.財務諸表の分析力が経理で役立つ!ビジネス会計検定試験

ビジネス会計検定試験は、財務諸表に関する知識や分析力を身に付けて財務諸表が表す数値を理解し、ビジネスに役立てていくことに重点を置いています。どちらもお金の動きを理解・分析する力を養う検定に変わりはないですが、日商簿記検定が財務諸表の作成を学ぶ検定なのに対し、ビジネス会計検定は財務諸表の分析を学ぶ検定です。

日商簿記検定と併せて取得すれば経理で役立つスキルをより幅広く身に付けられるでしょう。

試験情報

受験料:11,550円(1級)/7,480円(2級)/4,950円(3級)
受験資格:どなたでも受験できます。
試験方法:マークシート方式および論述式(1級)/マークシート方式(2・3級)

ビジネス会計検定の公式サイトはこちら

3.経理・財務の実務スキルが身に付く!FASS検定

FASS検定は、経理・財務の実務スキルを測る検定試験です。FASS検定は日商簿記検定に比べて、経理財務部門が行っている業務全般の、より実務的な知識が問われます。この試験は「資産」、「決算」、「税務」、「資金」の4分野から構成され、合否はなく、正答率に応じてレベルA~Eの評価が付きます。

試験情報

受験料:11,000円(一般)/8,880円(日本CFO協会法人会員)
受験資格:どなたでも受験できます。
試験方法:CBT方式

FASS検定の公式サイトはこちら

4. 経理・管理部門の業務で役立つ!給与計算実務能力検定試験

給与計算実務能力検定とは、社員の給料を計算する「給与計算業務」に関する知識と実務能力を測るための検定試験です。給与計算業務を正しく行うには、社会保険の仕組みや労働法令などの幅広い知識が必要不可欠とされているため、資格取得を通して経理だけではなく管理部門全般の業務に役立てることができます。

試験情報

受験料:10,000円(1級)/8,000円(2級)
受験資格:どなたでも受験できます。
試験方法:四肢択一、マークシート、記述式(1級)/四肢択一、マークシート (2級)

給与計算実務能力検定試験の詳細はこちら

5.業務でよく使うExcelを学べる!マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

MOSは、ExcelやWordといったマイクロソフト社製品の利用スキルを証明できる国際資格で、多くの企業や教育機関で推奨されている認知度抜群の資格です。

経理職の場合、数値データの入力や集計に適しているExcelの資格が特に役立ちます。Excelの操作に慣れていれば、経理の仕事において大きなアドバンテージとなります。

試験情報

受験料:8,580〜12,980円 ※学割あり
受験資格:どなたでも受験できます。
試験方法:CBT方式

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の詳細はこちら

6.経理・財務部門の即戦力になる!ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定

ファイナンシャル・プランニング技能検定はお金の専門的な知識が問われる国家試験です。総合的な資金計画を立て、収支・負債・資産などの経済的なデータを分析し、ライフプラン上の目標を実現に導く方法を「ファイナンシャル・プランニング」といい、合格するとお金に関する幅広い知識の証明になります。

企業の経理・財務部門で働く場合、簿記とFP資格を併せ持っている人材は即戦力として扱われやすく、キャリアアップに役立ちます。また、経理・財務などのお金に関わる部門への転職には強い味方になるでしょう。

FP技能検定についてもっと知るならこちら

試験情報

受験料:4,000円~28,000円
受験資格:3級はどなたでも受験できます
試験方法:学科試験+実技試験

ファイナンシャル・プランニング技能検定の公式サイト(きんざい主催)はこちら
ファイナンシャル・プランニング技能検定の公式サイト(FP協会主催)はこちら


人気記事ランキング