ドッグトレーナーライセンス

ドッグトレーナーライセンスは、犬のしつけに関する知識・スキルが備わっていることを証明する資格で、問題行動を治すための訓練をするほか、飼い主にしつけの仕方をアドバイスすることが主な仕事です。人と同じで犬にも個性があるため、その個性に合った最適なトレーニング方法を実行できるスキルが求められます。

基本情報INFORMATION

試験級
【A級】
【B級】
【C級】
実施日程
【A級】
〔スクーリング〕偶数月の第2土曜日・日曜日
〔筆記・実技〕サイトよりお問い合わせください

【B級】
〔スクーリング〕奇数月の第3土曜日
〔筆記・実技〕奇数月の第3日曜日

【C級】
〔スクーリング・試験〕毎月第3土曜日
受験料
【A級】
〔スクーリング〕80,000円
〔筆記+実技〕10,000円
【B級】
〔スクーリング〕30,000円
〔筆記+実技〕5,000円
【C級】
145,000円(講習料、教材費、受験料含む)

※各税抜
受験資格
【A級】B級ライセンス取得者
【B級】C級ライセンス取得者
【C級】通信講座終了後、3日間のスクーリング終了者 ほか
試験会場
東京
試験時間
【A級】〔筆記〕45分〔実技〕1時間半程度
【B級】〔筆記〕30分〔実技〕20分程度
【C級】〔実技〕10分程度
試験方法
【A級】筆記試験+実技試験
【B級】筆記試験+実技試験
【C級】実技試験
難易度
【A級】
様々な犬との接し方扱い方の幅を広げ、飼い主(家族)に合わせたしつけ方の説明が出来る。
【B級】
ドッグトレーニングを応用し、個々の犬に合わせた接し方、しつけ方が出来る。
【C級】
ドッグトレーニングの基本を学び、犬を観察してコミュニケーションを取ることが出来る。
出題範囲
【A級】
①ドッグトレーニングの知識・スキルのまとめ
②ロールプレイカウンセリング
③犬と飼い主に合わせたしつけ方の提案 など

【B級】
①犬種月齢別に観察
②飼い主からの情報収集
③その子に必要なしつけを予測
④犬に合わせた接し方と対応
⑤基本指示の基本と応用 など

【C級】
①犬の観察
②ボディランゲージとカーミングシグナル
③犬との接し方
④基本指示(オビディエンストレーニング)
⑤指示を教える手順
⑥散歩レッスン など

お問い合わせ先 一般社団法人 日本ドッグトレーナー協会
URL: http://www.jdta.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2019年6月19日 更新