衆議院法制局職員総合職/参議院法制局職員総合職

衆議院法制局職員総合職/参議院法制局職員総合職

公務員・教育

衆議院及び参議院法制局職員総合職は、国会議員の法制に関する立案を補佐する法制局の職員です。採用されると国会職員となり、特別職の国家公務員となります。議員からの依頼にこたえて、法案やその修正案の作成のほか、法制についての調査・研究などを行います。

実施日程
<衆議院法制局職員総合職>
〔1次〕4月 〔2次〕6月 〔3次〕7月

<参議院法制局職員総合職>
〔1次〕5月 〔2次〕6月 〔3次〕7月
受験資格
受験年4月1日現在、次のいずれかに該当する者
①21歳以上30歳未満の者
②21歳未満で、大学を卒業した者または翌年3月までに卒業見込みの者、あるいは法制局局長がそれと同等の資格があると認める者
出題範囲
<衆議院法制局職員総合職>
〔一次〕
①基礎能力 (多肢選択式)
文章理解・判断推理 ほか
②専門 (多肢選択式)
憲法・行政法・民法・刑法 ほか
〔二次〕
①論文 (憲法・行政法・民法)
②面接
〔三次〕
①口述 (憲法を中心とする法律問題)
②面接


<参議院法制局職員総合職>
〔一次〕
①基礎能力 (多肢選択式)
一般教養
②専門 (多肢選択式)
憲法・行政法・民法・刑法 
〔二次〕
①論文 (憲法・行政法・民法)
②面接
〔三次〕
①口述 (憲法を中心とする法律問題)
②面接

お問い合わせ先 衆議院法制局 法制企画調整部総務課
URL:http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/housei/html/h-saiyou.html

参議院法制局 総務課
URL:http://houseikyoku.sangiin.go.jp/adoption/index.htm

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年8月28日 更新