中古自動車査定士

中古自動車査定士は、中古車の査定を適正に行う専門家です。中古自動車は使用している状況や車体の状態などの要素から大きく査定価格が変わるため、豊富な知識と高度な技術が要求されます。また、最新の中古車情報の把握も必要となります。

試験級
【小型車査定士】
【大型車査定士】
実施日程
【小型車】 6月の第3日曜日 12月の第2水曜日
【大型車】 6月の第3水曜日
受験料
【小型車】 17,280円
【大型車】 18,090円
【小型車・大型車】 同時受験者 32,454円
 ※各研修受講料・教材費、税込
受験資格
【小型車査定士】
①普通自動車運転免許を所持する者
②自動車の販売もしくは整備の経験が半年以上ある者
③協会所定の講習(3日間)を修了した者

【大型車査定士】
①大型第1種運転免許以上を所持する者
②自動車の販売もしくは整備の経験が半年以上ある者
③協会所定の研修を修了した者
試験会場
各都道府県 (北海道地区は、札幌、旭川、函館、帯広、北見、釧路) に設定し、受験申請者に連絡
試験方法
筆記試験+実技試験
出題範囲
〔学科〕
①中古自動車査定制度
②中古自動車査定基準、同細則および加減点基準
③自動車の構造、機能および取り扱い
④保安基準、その他自動車に関する法規
⑤その他査定に関する事項

〔実技〕
査定の実技
(想定された車両について、文章と略図を使って車両の部位と状態を示し、個別査定する)

お問い合わせ先 一般財団法人 日本自動車査定協会本部および各都道府県支所
URL:http://www.jaai.or.jp

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。